テーマ:東海北陸のお寺

豊財院 (石川県羽咋市) 3体の重文仏像

羽咋市白瀬町の山麓に建つ豊財院は、平安時代の重要文化財に 指定された3体の仏像で知られている。 お寺は1312年の開創で、曹洞宗の古刹である。 訪問した折には、住職の懇切丁寧な説明を受け、仏像の撮影 も許可していただいた。 <石川県のお寺一覧> (1)寺名:豊財院(ぶざいいん) (2)住所:石川県羽咋市白瀬町ル8 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

妙成寺 (石川県羽咋市) 日蓮宗北陸本山

羽咋市にあって、庭園から木々の間に望む五重塔の風景がパンフに 取り上げられるのが妙成寺である。 1294年開創の日蓮宗古刹で、1582年前田利家から帰依を受け 江戸時代初期には七堂伽藍を備える大寺となった。 現在においても、能登随一の伽藍を備えた名刹で、多くの文化財が 残っている。 <石川県のお寺一覧> (1)寺名…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西福寺 (福井県鯖江市)

鯖江市の中心街にあって、真宗誠照寺派本山誠照寺の南隣に 建つのが西福寺である。 西福寺は、1342年誠照寺第4代住職良覚によって、塔頭 西の坊として開創されたと伝える。 訪れた時は山門が閉じており、お参りはできなかったが、外 から境内を拝観した。 <福井県のお寺一覧> (1)寺名:西福寺(さいふくじ) (2)住所…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本光寺 (石川県小松市本折町) 本折本光寺

小松市には、本光寺が2ヶ寺あり、一つは本折町の真宗大谷派本光寺、 一つは大文字町の浄土真宗本願寺派本光寺である。 元は1ヶ寺であったが、江戸時代に京都本願寺が東西に分派してから、 本光寺も2ヶ寺に分寺している。 開創は、975年現在の小松市八幡町に天台宗円満寺として始まり、 1472年本光寺として浄土真宗へ改宗している。 本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

極楽寺 (富山県高岡市博労町) 守山極楽寺

高岡市には極楽寺が2ヶ寺あるが、博労町の極楽寺を守山極楽寺 と呼んでいる。 1342年頃、後醍醐天皇の皇子・宗良親王が父の3回忌菩提を 弔うために、現在の高岡市福岡町加茂の極楽谷に開創したと伝え、 1616年現在地に移っている。 宗良親王は、南北朝時代を通じて南朝の将軍として、現在の静岡県 長野県、新潟県、富山県と転々と戦い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三重県のお寺一覧

三重県のお寺を紹介  津市、松阪市のお寺  伊賀市のお寺  東林寺(いなべ市):白滝  行順寺(いなべ市):蓮如上人ゆかりの寺  聖宝寺(いなべ市):浄土庭園  長楽寺(いなべ市):樅の木  光蓮寺(いなべ市):梅戸城主の菩提寺  覚通寺(いなべ市):寄せ燈籠  源盛院(木曽岬町):芭蕉句碑  了清寺(木…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国束寺 (三重県度会町) 伊勢の古刹

左に国束山(くづかさん)(411m)を見ながら、渡会(わたらい) 茶畑の中を山麓に進むと、国束寺の参道にたどり着く。 瀟洒な構えのお寺であるが、古い歴史を持つ古刹である。 国束寺は、601年聖徳太子が伊勢神宮の神勅により、国束山の頂上 附近に開創したと伝え、平安~室町時代には天台宗の修行道場として 大いに栄え、大伽藍を構えてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛知県のお寺一覧

愛知県のお寺を紹介します。 名古屋市のお寺一覧 岡崎市、豊田市、豊橋市のお寺一覧 知多四国霊場 尾張四観音:龍泉寺観音、甚目寺観音、荒子観音、笠寺観音 高徳院(豊明市):桶狭間古戦場跡 甚目寺(あま市):尾張四観音 法蔵寺(あま市):鉄造地蔵菩薩 蓮華寺(あま市):蜂須賀小六の菩提寺 広済寺(あま市):尾張…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長隆寺 (愛知県一宮市)

一宮市萩原町中島にあって、こんもりと盛り上がる林の中に、 中嶋宮と長隆寺が建っている。 源氏物語の主人公光源氏のモデルと言われる源融の末裔が この中島の地に来て、中島を名乗り、中嶋宮と長隆寺を開創 したと伝えられ、長隆寺は中島氏の菩提寺となり、中嶋宮は 鎮守となったといわれている。 その時に造像された阿弥陀三尊像が本尊である…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大乗寺(石川県金沢市) 古叢林

一般の人にも開かれた座禅の寺である大乗寺は曹洞宗第二の本寺といわれ、 永平寺、総持寺に次ぐ曹洞宗の名刹であり、歴史ある修行道場(古叢林) でもある。 総門から山門を経て仏殿にいたる参道を歩むと、周りの緑から吸収する <気>が新たな刺激を与えてくれる。静寂の中に<気>を感じる。 <石川県のお寺一覧> (1)寺名:大乗寺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

静岡県のお寺一覧

東海道の中央に位置し温暖な土地柄もあり古刹・名刹も多いが戦乱の 影響も受けて古い堂舎は少なく、国宝に指定された堂舎はない。 徳川家ゆかりの寺や信仰の篤い遠州三山などがあげられようか。 青龍寺(御殿場市):役行者ゆかりの寺 大雲院(御殿場市):深沢城遺構の山門 宝持院(御殿場市):小田原城主・大森氏ゆかりの寺 大乗寺(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

成道寺 (静岡県焼津市)

焼津市一色地区にあって、田畑に囲まれた境内に木々が豊かな 風景を持つのが成道寺である。 松並木の参道には紫陽花が咲き、山門を潜ると形のよい松が あり、境内は整備されている。 成道寺は文保年間(1317~19年)開創と伝え、1567年 曹洞宗に改宗している。 成道寺に伝わる<百万塔>は、称徳天皇の発願によって100万 個…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岐阜県のお寺一覧

岐阜県には多くの禅寺があり、清楚な雰囲気が漂う風景を持っている。 私が参拝したお寺を紹介します。 飛騨三十三観音霊場も合わせて紹介。 飛騨三十三観音霊場(高山市、飛騨市) 岐阜市のお寺一覧 大垣市、羽島市のお寺一覧 揖斐川町、池田町、本巣市のお寺一覧 神護寺善学院(神戸町):日吉神社の別当寺 密厳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西念寺 (岐阜県可児市兼山)

可児市の飛地、木曽川に面した兼山地区は、織田信長の近習 森蘭丸の生地として、金山城下町を形成していた。 その中心部に建つのが西念寺である。 西念寺の開祖は、京都から現在の八百津町上牧野兼行に来て 出家した公卿梅渓兼行で、1500年初頭現在地に移転した といわれている。 現在の住職も梅渓氏である。 <岐阜県のお寺一覧> …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西方寺 (福井県越前市)

日野川を渡り、日野山方面に向かう。 戦国時代、平吹城があった跡地に建つ掟光寺へ向うと、その隣に 六地蔵と六観音を山門前に祀る西方寺に立ち寄ったみた。 六地蔵を祀るお寺は多いが、六観音を祀るお寺はめずらしい。 天台宗では、聖観音、千手観音、馬頭観音、十一面観音、 不空羂索観音、如意輪観音の六観音で、西方寺は天台真盛宗 で、この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

法住寺 (石川県珠洲市) 空海伝説

珠洲市宝立町の山間部に建つ法住寺は、空海伝説に纏わる古刹で、 空海の開創と伝えられている。 弘法大師空海が唐に渡り、密教の灌頂を受け、3個の杵(しょ)を 授かり帰朝する際に、その杵を日本に向けて投げた。 帰朝後、空海は3個の杵を探して旅に出、佐渡島、珠洲、高野山で 見つけ、それぞれにお寺を開創したという伝説が伝わっている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富山県のお寺

高岡市の瑞龍寺は富山県建造物の中で唯一の国宝建造物であり、 その独特の風景はヨーロッパのお城を思わせるものがある。 また、南砺市の瑞泉寺は井波彫刻の原点であり、浄土真宗の拠点でも あった。 十三寺(入善町):北陸三十三ヶ所観音霊場第32番 法福寺(黒部市):明日の大桜 全龍寺(黒部市):天井絵 長安寺(黒部市):山門と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

光明寺 (富山県氷見市)

朝日山から氷見市街地を一望できるが、そんな中でも目に付くのが、 巨大な本堂を構える光明寺である。 光明寺は、1371年氷見市七分一に、天台宗寺院として開創され、 その後蓮如上人に帰依して浄土真宗になり、中世末頃には、大寺と して栄えたといわれている。 氷見市には浄土真宗寺院が百を超え、本願寺派は59寺院を数える 真宗王国で、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

那谷寺(石川県小松市) 奇岩遊仙境

私の<もくもく探索>中でも、奇岩、奇石のお寺はいくつかあるが、 山寺(山形県)、那谷寺、石山寺(滋賀県)はその代表的なお寺で、 また共通するものとして、芭蕉が訪れており、句を残している。 那谷寺は<奇岩遊仙境>と呼ばれ、古から白山信仰と観光で栄えて おり、北陸の名刹として大いに繁栄している。 <那谷寺 その2> <石…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

瑞龍寺 (富山県高岡市) 宮殿を想わせるお寺

富山県高岡市の市街地にある瑞龍寺は、高岡の城下町を造った 加賀藩主第2代前田利長が1614年亡くなり、その菩提寺と して第3代藩主前田利常が創建したお寺である。 伽藍は禅宗特有の左右対称配置で、1663年まで20年の 歳月を掛けて造営された。 その後、1746年の火災で山門などが焼失したが、山門は 1818年に再建されている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三縁寺 (三重県玉城町)

玉城町の中心部・田丸地区は初瀬街道、伊勢本街道、熊野街道の 交差する交通の要衝で、玉丸城の城下町であり、宿場町であった。 田丸城跡の東に建つ三縁寺は、1690年再興、1818年本堂 山門が再建されている。 その再建の棟梁が、現在の竹中工務店9代竹中藤右衛門であった。 また、田丸城主の庇護を受けて大いに栄えたといわれている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

延命寺 (愛知県豊山町)

名古屋空港が町の1/3を占める豊山町(とよやまちょう)にあって、 かっては延命院と呼ばれた延命寺には、本尊として藤原時代の 地蔵菩薩が祀られている。 寺名からも延命地蔵菩薩として信仰されてきたのであろう。 <愛知県のお寺一覧> (1)寺名:延命寺(えんめいじ) (2)住所:愛知県豊山町青山北浦1227 (3)山号:…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

清安寺 (岐阜県土岐市) 美濃焼陶祖の菩提寺

日本最大の陶磁器生産を誇る美濃焼は、織田信長の許可を 得て瀬戸から現在の土岐市久尻に移り、窯を開いた加藤景光 ・景延が美濃焼陶祖といわれ、その菩提寺が清安寺である。 お寺は<元屋敷陶器窯跡>の織部の里公園に隣接して建ち、 元屋敷窯は加藤景延が築いたと伝えられている。 一帯は国史跡として整備され、美濃焼の始まりを伝えている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

等覚寺 (福井県越前町)

越前町内郡のこじんまりとしたお寺、等覚寺の開創は不詳 である。 天王山麓の八坂神社へ向う途中に、見つけたお寺が等覚寺 であり、これといった目的はなかった。 後日、ネットでお寺の坊守(ぼうもり)のブログを発見 カウンセラーとして活躍されているようだ。 <福井県のお寺一覧> (1)寺名:等覚寺(とうがくじ) (2)住…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大乗寺 (石川県能登町宇出津) もみじ

宇出津港最奥の山麓に、2本のイロハモミジが山門の姿で 迎えてくれるのが大乗寺である。 お寺の開創は1615年と伝え、1700年頃に現在地に 移ってきた際に、山門代わりに2本のイロハモミジを植えた といわれ、それから300年以上が過ぎ、立派な山門の 役割をしている。 1950年の火災でも、もみじだけは生き長らえている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

泉福寺 (三重県紀北町)

島原地区中桐集落の山麓にあって、円通閣の背後、小高い所に 建つのが泉福寺である。 その開創は1660年、鐘楼らしくない鐘堂に吊るされた梵鐘 は、1728年鋳造の銘があり、紀北町の文化財になっている。 過疎集落の里寺として奮闘していると、集落の人は語っていた。 <三重県のお寺一覧> (1)寺名:泉福寺(せんぷくじ) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

賢林寺 (愛知県小牧市) 十一面観音坐像

小牧市南部にあって、古くから存在した藤島地区に、市道に面し、 塀や生垣もない開放的な境内の賢林寺が建つ。 このお寺の本尊十一面観音坐像が2020年、国の重要文化財に 指定され、脚光を浴びた。 坐像の十一面観音は珍しく、また平安時代前期(9世紀後半)の 仏像として、その特徴を表しているとのこと。 秘仏で拝観はかなわないが、説明…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

普向寺 (静岡県長泉町)

三島市と沼津市に挟まれた人口4万3千人、工場の多い 住工地域である長泉(ながいずみ)町の納米里(なめり)地区に あって、本堂屋上に観音像が立つお寺が普向寺である。 <納米里>の地名は、土壌に覆われた滑らかな地形に由来すると いわれている。 普向寺の開創は不詳であるが、本尊阿弥陀如来の年代からも 室町時代以前と推定される。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蓮勝寺 (岐阜県高山市荘川町) 荘川桜の郷

高山市の西部にあって、山間の寒冷地といわれる荘川町に 建つのが蓮勝寺である。 お寺の近辺には、古い民家を移築保管している<飛騨荘川の里>、 五連水車でそば粉を挽く<そばの里>がある。 何と言っても、6km北によった御母衣湖の畔に咲く、2本の <荘川桜>が荘川町のシンボルとなっている。 1961年完成した御母衣ダムで水没す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

妙法寺 (福井県南越前町)

北国街道今庄宿のあった今庄地区にあって、北陸道今庄IC近辺の 湯尾(ゆのお)集落に、湯尾谷川に面してひっそりと建つのが 妙法寺である。 妙法寺は1532年の開創と伝えるが、詳細は不詳である。 境内に安置された宝篋印塔は南北朝時代のものと考えられるが、 その由緒は不明である。 <福井県のお寺一覧> (1)寺名:妙法寺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more