京都府南部のお寺

京都府南部(宇治市、城陽市、久御山町、京田辺市、宇治田原町、井手町、 精華町、木津川市、和束町、笠置町、南山城村)のお寺 <京都府宇治市> 橋寺(放生院):宇治橋の守り寺 興聖寺:道元ゆかりの寺 恵心院:恵心僧都ゆかりの寺 三室戸寺:花の西国三十三所観音霊場第10番 平等院:世界遺産 極楽浄土の再現   <平等院塔頭…

続きを読むread more

当尾の石仏 (京都府木津川市加茂町) 大門仏谷大磨崖仏

              浄瑠璃寺地区地図 府道752号を浄瑠璃寺へ向かい、加茂町西小阪口の三差路を、 加茂青少年山の家(休止中)方面へ進路をとり、300mほどで 山の家に至る。ここからは徒歩で山へ向かって300mほどに <大門の仏谷>標識がある。 ここから左手、谷越しに<大門仏谷大磨崖仏>を望む。    …

続きを読むread more

定福寺 (和歌山県有田市) 六地蔵石幢

有田川北岸にあって、みかん畑が広がる山を背に建つ定福寺 は普通のお寺であるが、六地蔵石幢を拝観すべく訪問した。 石幢は覆屋に安置され、十分な観察はできなかった。 この石幢は1567年の年代を持ち、近くの路傍に建てられた ものを移している。 少し剥落があるが、典型的な燈籠形六地蔵石幢で、時期的にも 最も多く造られた石幢である。…

続きを読むread more

もくもく探索日誌 2020年2月21日 当尾の石仏

京奈和道木津ICを9時過ぎに出る。 好天に恵まれた今日は、京都府木津川市加茂町南部の <当尾(とおの)の里>の石仏・石塔を巡る。 何度か訪れているが、今回は一般的なルートとは異なる 山道ルートを選択してみたが、帰る頃には足がパンパンの 状態となる。 当尾の石仏は全国的にも知られ、ハイキングを兼ねた探索 はお薦めのスポットで…

続きを読むread more

川尻地蔵磨崖仏 (奈良県奈良市針ヶ別所町)

奈良市針ヶ別所町を通る県道246号が小倉町に入る直前にあって、 県道沿いに小さな祠と石碑がたっている。 その祠の中に、岩に厚肉彫りされた地蔵菩薩立像がある。 1342年の造立と考えられ、部分的に補修されていて、 顔の表情も読み取るのが困難である。 <奈良のお寺一覧> (1)石仏名:川尻地蔵磨崖仏 (2)住所:奈良県…

続きを読むread more

奈良市のお寺

奈良県奈良市のお寺を紹介 東大寺その1:国宝伽藍(大仏殿・南大門) 東大寺その2:その他の国宝伽藍 東大寺その3:重要文化財伽藍 東大寺その4:その他伽藍 東大寺その5:風景 東大寺その6:塔頭   知足院:東大寺塔頭 奈良の八重桜   観音院:東大寺塔頭 観音院サロン   真言院、勧学院:東大寺塔頭   中性院…

続きを読むread more

北出磨崖仏 (奈良県奈良市阪原町)

奈良市柳生の里にあって、県道173号阪原の白砂川に架かる北出橋 の南、川の淵の大きな岩に北出磨崖仏が刻まれている。 県道173号から対岸下に見ることができる。 長方形の枠取りをし、その中に阿弥陀立像が厚肉に浮き彫りされている。 この磨崖仏は日本磨崖仏の中で、よく知られた磨崖仏である。 穏やかな表情の中に凛々しさを漂わせる阿弥陀…

続きを読むread more

淡路島のお寺一覧 (兵庫県)

淡路島の淡路市、洲本市、南あわじ市のお寺一覧 本福寺(淡路市):建築家安藤忠雄設計の水御堂 宝生寺(淡路市):淡路島七福神<寿老人> 東山寺(淡路市):淡路三山 常隆寺(淡路市):淡路三山 八浄寺(淡路市):淡路島七福神大黒天 円城寺(淡路市):桜の名所 智禅寺(淡路市):淡路島七福神弁財天 覚王寺(淡路市):牛馬安…

続きを読むread more

八幡寺 (兵庫県淡路市) 淡路島十三仏霊場

境内の桜が咲き誇る時期に訪れた八幡寺は、隣に建つ志筑八幡神社の 別当寺であった。 八幡神社は1593年の建立で、春の大祭では、だんじりが出て 大いに賑わうとか。 八幡寺の開創は不詳であるが、おそらく神社の創建に近いと思われる。 現在のお寺は、淡路島十三仏霊場として、虚空蔵菩薩のご利益に 信仰を集めている。 <淡路島のお…

続きを読むread more

川尻中の谷多尊石仏 (大阪府豊能町)

<豊能町の石の文化財>と銘打って、豊能町は石仏などの石造物を 保存維持し、標識・説明板などを整備し、観光資源としても注力 している。 国道423号金石橋を山手に、府道4号を1kmほど登ると、 中の谷バス停を左へ入り、200mほど登った右手に <川尻中の谷多尊石仏>は建っている。                   標…

続きを読むread more

京都のお寺総覧

京都のお寺を紹介 <世界遺産 古都京都の文化財> 東寺<教王護国寺>(南区)    清水寺(東山区)   延暦寺(滋賀県大津市)      醍醐寺(伏見区)   仁和寺(右京区)         平等院(宇治市)  高山寺(右京区)         天龍寺(右京区)   金閣寺<鹿苑寺>(北区)     銀閣寺<慈照…

続きを読むread more

京都市伏見区・山科区・西京区のお寺  

<京都市伏見区> 安楽寿院:鳥羽離宮ゆかりの寺 一言寺:醍醐寺塔頭 海宝寺:普茶料理 源空寺:法然上人ゆかりの寺 瑞光寺:風情が漂う茅葺本堂 清涼院:尾張徳川初代藩主生誕の地 石峯寺:伊藤若冲ゆかりの寺 大善寺(伏見六地蔵):京都六地蔵巡り 醍醐寺:世界遺産 西国三十三所観音霊場第11番 誕生寺:道元生誕の地…

続きを読むread more

長福寺 (京都市西京区) 京都洛西観音霊場第21番

西京区下津林楠町の住宅街に、こじんまりと建つのが長福寺で、 その表札を見ると、京都洛西観音霊場第二十一番札所とあり、 その左下に小文字で<元永福寺>とある。 これは、京都洛西観音霊場の前身が、江戸時代の<西の岡三十三所> 霊場の頃、永福寺が第21番であったが、明治時代の神仏分離 によって、永福寺が廃寺となり、その本尊千手観音を…

続きを読むread more

明清寺 (滋賀県湖南市)

旧東海道石部宿にあって、街道に面して参道がある明清寺は、 室町時代末期に開創されたと伝え、石山本願寺と織田信長との 長きに及ぶ石山合戦(1570~80年)に参加している。 1603年本願寺が東西に分立した時、近隣の真宗寺院が 東本願寺の末寺となった中、明清寺は西本願寺の末寺となり、 西本願寺の中でも重きをなしたといわれている。…

続きを読むread more

観音寺 (和歌山県和歌山市元寺町) お寺カフェ

<お寺ダイニング観音寺>と銘打ってカフェを開いている観音寺に 立ち寄ったが、残念ながら幟は立っていたが山門は閉じていた。 後で調べてみると、日曜日は定休日だった。残念。 お寺カフェに巡り合うと、大抵立ち寄るのが<もくもく探索>の 行動パターン。 観音寺は1594年の開創と伝えられ、1951年に現在地に 移転しているが、か…

続きを読むread more

西方寺 (奈良県生駒市高山町)

生駒市北部の、茶筌の里と呼ばれる高山町にあって、小さな集落 の丘陵部に隠れるように建つのが西方寺である。 アプローチは車では行けず、道路に停めて探しながらのアプローチ となる。 参道をやっとのことで見つけると、山門の横に地蔵石仏が4体 安置されている。 この地蔵石仏は1555年の造立とか。 西方寺の開創は不詳であるが、…

続きを読むread more

もくもく探索日誌 2020年2月15日 奈良生駒の石仏 第2弾

霧に覆われた生駒市に9時前に入る。 10日前に訪れた生駒市北部に続いて、今日は南部生駒山麓の 未知のお寺と石仏を巡る。 霧は午前中晴れず、生駒山は霧の上に頭を出していた。 梅の香りも増し、今日も気温の高い一日であった。               霧に浮かぶ生駒山                霧に香る梅花 …

続きを読むread more

法界寺 (兵庫県三木市) 戦国大名別所氏の菩提寺

三木城を拠点とした戦国大名別所氏といえば、1578~80年の 三木合戦が戦国絵巻の中でも浮かび上がる。 別所長治が籠城する三木城を羽柴秀吉が兵糧攻めにし、<三木の干殺し> と呼ばれた過酷な戦いを2年以上耐えた長治の名は三木に永く 残っている。 その別所氏の菩提寺が法界寺である。 法界寺は732年開創されたと伝え、延徳年間…

続きを読むread more

川尻打越阿弥陀三尊石仏 (大阪府豊能町)

豊能町には多くの古石仏、石塔が残り、町では石の文化財として、 その保存と観光資産として整備を行い、標識や説明板も整えている。 国道423号金石橋信号を、川尻方面に府道4号へ入り、 川尻自治会集会所まで登る。 集会所前を左に折れ、200mほど進むと、3差路の真ん中を 進んで、すぐの右手に覆屋に安置された<川尻打越阿弥陀三尊石仏>…

続きを読むread more

京都市中京区・下京区・南区のお寺  

<京都市中京区> 革堂(行願寺):西国三十三所観音霊場第19番 神泉苑:平安京の禁苑 壬生寺:新撰組ゆかりの寺 蛸薬師堂:蛸薬師伝説 誓願寺:浄土宗西山深草派総本山   長仙院:誓願寺塔頭   大善寺:大善寺寄席 本能寺:織田信長終焉の寺 天性寺:子宝祈願の弁財天 矢田寺:代受苦地蔵 誠心院:和泉式部ゆかり…

続きを読むread more