北海道東北のお寺

北海道のお寺訪問は2019年8月が最初。 東北地方の訪問は5回であるが、満足な探索はできていない。 東北独自の仏像や堂宇を求めて今後の探索を期待している。 <北海道> 本願寺札幌別院(札幌市):札幌五大寺 経王寺(札幌市):札幌五大寺 新善光寺(札幌市):札幌五大寺 中央寺(札幌市):札幌五大寺 真宗大谷派札幌別院(…

続きを読むread more

真宗大谷派札幌別院 (北海道札幌市) 札幌五大寺

北海道における宗派別寺院の数で、真宗大谷派のお寺が約22% を占め、一番多い。 これは、松前町専念寺(真宗大谷派)が1533年開創され、 松前氏の庇護を受け、明治時代に入って仏教が北海道に浸透する中で、 影響を与えたといわれる。 そんな中、札幌別院は明治3年(1870年)開創され、北海道に おける本拠として活動を活発化した。…

続きを読むread more

もくもく探索日誌 2021年4月19~20日 岐阜県~富山県

東海北陸道荘川ICを9時半に出る 18日思い立って、<雨晴海岸と立山連峰>の眺望を 期待して、今回は妻と二人の探索となる 今回のルートは、 19日 岐阜県高山市の荘川桜~高山市西光寺しだれ桜~  富山県南砺市五箇山合掌集落~雨晴海岸 20日 富山県立山町~滑川市 とお寺探索を兼ねながらの旅行 荘川桜は咲き始め、西光寺しだ…

続きを読むread more

長楽寺 (岡山県岡山市中区) 備前48ヶ寺

岡山市街地の夜景眺望でスポットとなっている、笠井山の東北麓 にあって、市道に面して山門が建つのが長楽寺である。 長楽寺は、報恩大師が750年開創したと伝わる、報恩大師 <備前48ヶ寺>の一寺である。 過去には、塔頭を多く抱える大寺であったといわれたが、現在は 本寺のみが残っている。 <岡山県のお寺一覧> (1)寺名…

続きを読むread more

碁石山 (香川県小豆島町) 小豆島八十八ヶ所霊場第2番

小豆島八十八ヶ所霊場はお寺、お堂、山岳霊場などで構成され、 中でも山岳霊場は岩壁、洞窟などに本堂を構え、スリルと眺望 にとんだ霊場である。 第2番碁石山は、まさしく山岳霊場の典型で、その眺望は 天下一品である。 私の参拝で失念したのは、洞窟内本堂の近くまでアプローチ しながら、たどり着けなかったこと~後で調べて悔やまれる。 …

続きを読むread more

光林寺 (愛媛県今治市) 今治の古刹

今治市街地から南西の山間部に位置する玉川地区にあって、 城郭風の石垣を構えるのが光林寺である。 光林寺は701年の開創と伝え、唐から帰国途中の空海が 立ち寄ったことや、南北朝時代の長慶天皇が逃れて立ち寄った などの伝承があり、由緒深いお寺でる。 資料に残る面でも、能島村上水軍や今治城主藤堂高吉などの 由緒も深く、文化財も多数…

続きを読むread more

桜井市、宇陀市のお寺 (奈良県)

奈良県の桜井市と宇陀市のお寺一覧 <桜井市> 長谷寺:真言宗豊山派総本山 法起院:長谷寺塔頭 安倍文殊院:日本三文殊 聖林寺:<国宝>十一面観音立像 平等寺:昭和時代に蘇った古刹 石位寺:浮彫薬師三尊像 慶田寺:芝村藩主織田家の菩提寺 蓮台寺:吉備真備ゆかりの地 玄賓庵:山辺の道の庵 慈恩寺阿弥陀堂:ケヤキ…

続きを読むread more

室生寺 (奈良県宇陀市室生) 満開のシャクナゲ

例年に比べて10日ほど早い満開のシャクナゲを久しぶりに 満喫する。 2021年は桜も早く、春の花が一気に咲き誇った年となった。 コロナも早く治まることを祈りながら室生寺を4度目の参拝。 3,000株のシャクナゲは、昭和初期に御杖村から移植された のが始まりとか。 今や、シャクナゲといえば室生寺といわれるほどに、境内一面に …

続きを読むread more

南隆寺 (香川県宇多津町)

青ノ山北麓にあって、寺町の一角に竜宮門を構えるのが 南隆寺である。 参禅道場の表札を掲げた南隆寺は、一般人の坐禅会が 毎週日曜日に行われ、企業などの研修坐禅も行っているとか。 南隆寺は、1461年、守護大名の細川勝元が現在の東かがわ市に あった宝光寺(現在も存在し、庭園で有名)を移したと 伝えている。 なお、宝光寺は9…

続きを読むread more

観音寺 (広島県福山市)

福山城の鬼門方に建つのが観音寺で、第二寺町といえる 北吉津町の寺院群の一つである。 1619年福山藩主となった水野勝成は、福山城の築城と城下町の 整備に着手し、福山城は1622年完成、城下町の整備の一環として 寺町の形成にも着手している。 そうした過程の中で観音寺は開創されたと伝え、本堂と表門は 1651年の建立と考えられて…

続きを読むread more

松林寺 (岡山県岡山市北区) 庭瀬藩主板倉氏の菩提寺

岡山市西部にあって、かっては庭瀬城(陣屋)の外濠の役割を 担った法万寺川用水路が整備され残る、庭瀬地区に建つのが 松林寺である。 松林寺は1339年、備前守護大名・赤松円心の支援を受けて 開創されたと伝え、1699年庭瀬藩主となった板倉氏の帰依を 受け、1702年板倉氏の菩提寺となっている。 境内入口に、大きな数珠が掛け…

続きを読むread more

万願寺 (徳島県阿南市)

阿南市那賀川町に伝わる伝説の中に、万願寺本尊地蔵菩薩に 纏わる伝説がある。 それは、  聖徳太子47歳の折、世の中の女人が難産するのを憂い、 四天王寺において唐木から地蔵菩薩を彫り、海に流され、 それが那賀川の海岸にたどり着き、それを祀ったのが、 万願寺の起源と伝えている。 本尊地蔵菩薩は安産・子育てのご利益があると信仰が…

続きを読むread more

もくもく探索日誌 2021年4月11日 京都府南部

9時前に京田辺市に入る 新緑の季節に入った京都府南部の 京田辺市~精華町~木津川市の未知のお寺を巡る これで、宇治市の一部を除いて南部のお寺巡りは完了 今日は旧市街地のお寺が多く、道が狭い 山間部に入ったのは2ヶ寺のみ 万歩計5千歩 もくもく探索満足度70点 小さなお寺が多く、 変化に乏しい <京田辺市> …

続きを読むread more

もくもく探索日誌 2021年4月10日 滋賀県湖東

名神竜王ICを8時前に出る 滋賀県湖東地域の探索も、今日でほぼ完了 滋賀県の探索も湖北の一部と大津市坂本、湖南の石仏を 残すのみとなり、これまでに700弱のお寺を巡った 新緑の芽生えと名残の桜を味わいながらの快適な探索と なった                彦根市笹尾集落                近…

続きを読むread more

東源寺 (鳥取県岩美町) 中国四十九薬師霊場第47番

岩井温泉街の愛宕山山麓に建つのが東源寺である。 平安時代初期、公卿藤原氏の末裔といわれた藤原冬久がこの地を 訪れ、温泉を見出した859年が岩井温泉の始まりと伝えられている。 この温泉で、藤原冬久は自らの皮膚病を治したことで、薬師如来像を 彫り、祀ったのが東源寺の始まりと伝えられている。 894年には、慈覚大師円仁が唐からの帰国…

続きを読むread more

高知県のお寺

高知県のお寺を紹介 豊楽寺(大豊町):<国宝>薬師堂 明徳寺(東洋町):四国八十八ヶ所霊場番外 天満寺(東洋町):野根氏の菩提寺 最御崎寺(室戸市):四国八十八ヶ所霊場第24番 津照寺(室戸市):四国八十八ヶ所霊場第25番 金剛頂寺(室戸市):四国八十八ヶ所霊場第26番 福田寺(田野町):野根山二十三士の墓 長法寺(…

続きを読むread more

神峯寺 (高知県安田町) 四国八十八ヶ所霊場第27番

神峰山(570m)の中腹に建つ神峯寺へは、国道55号から 舗装された町道を4kmほど登ると山門に着く。 かっては急峻な遍路道(真っ縦)を歩くことから、遍路ころがしの 一つで、屈指の難所であったが、平成の時代に入り町道として 整備されている。 開創は神峯神社として始まり、730年十一面観音が祀られ、 神仏習合の形態がとられ…

続きを読むread more

愛媛県のお寺

愛媛県のお寺を紹介 観自在寺(愛南町):四国八十八ヶ所霊場第40番 龍光寺(宇和島市):四国八十八ヶ所霊場第41番 仏木寺(宇和島市):四国八十八ヶ所霊場第42番 大隆寺(宇和島市):宇和島藩主伊達氏の菩提寺 正法寺(宇和島市):禅宗様の観音堂 明石寺(西予市):四国八十八ヶ所霊場第43番 如法寺(大洲市):大洲藩主加…

続きを読むread more

光明寺 (愛媛県西条市) 安藤忠雄設計の本堂

西条市の光明寺は、2000年本堂、庫裡、客殿が安藤忠雄さんの 設計により再建され、評判を呼んでいる。 格子張り本堂の周りに湧水が巡らされ、水に浮かぶ姿に感動を 覚えた訪問であった。 安藤さんの設計になるお寺として、淡路島の本福寺を思い出し、 共に水とコラボした姿が強く印象に残っている。 <愛媛県のお寺一覧> (1)…

続きを読むread more

香川県のお寺一覧

香川県のお寺を紹介 神恵院(観音寺市):四国八十八ヶ所霊場第68番 観音寺(観音寺市):四国八十八ヶ所霊場第69番 萩原寺(観音寺市):四国別格二十霊場第16番 萩の寺 宗林寺(観音寺市):新四国曼荼羅霊場第24番 大興寺(三豊市):四国八十八ヶ所霊場第67番 本山寺(三豊市):四国八十八ヶ所霊場第70番 <国宝>本堂 …

続きを読むread more