信楽寺 (滋賀県日野町)

田畑に囲まれた日野町蓮花寺集落に信楽寺は建つ。 信楽寺は1615年に開創された浄土真宗のお寺であるが、 日野町中心部に建つ古刹信楽院との関係は不詳である。 信楽寺は小さなお寺であるが、室町時代の宝篋印塔が 文化財として知られている。 <滋賀県湖東地域のお寺一覧> (1)寺名:信楽寺(しんぎょうじ) (2)住所:滋賀…

続きを読むread more

和歌山県のお寺一覧

高野山のお寺と和歌山県(高野山以外)のお寺を紹介 高野山のお寺 利生護国寺(橋本市):<重文>本堂 子安地蔵寺(橋本市):関西花の寺第24番 かむろ大師(橋本市):水の加持祈祷 西光寺(橋本市):学文路刈萱堂 小峯寺(橋本市):修験の寺 応其寺(橋本市):木食応其上人の寺 定福寺(橋本市):黒河道の起点 大光寺(橋…

続きを読むread more

尊光寺 (和歌山県日高川町) 徳本上人荒行の地

関西から関東にかけて、しばしば見かける<徳本六字名号>(南無阿弥陀仏) は、江戸時代後期の念仏行者・徳本上人が巡った足跡として残されている。 徳本上人は、1758年現在の日高町で生まれ、29歳の時、現在の尊光寺 の地で水行などの荒行を6年間続け、その後各地を巡って念仏を布教している。 1814年江戸に入り、熱狂的な帰依を受け、そ…

続きを読むread more

奈良県のお寺一覧

奈良県のお寺を紹介 奈良市のお寺 桜井市、宇陀市のお寺 御所市、五條市のお寺 法隆寺その1:金堂・五重塔 法隆寺その2:国宝伽藍(1) 法隆寺その3:国宝伽藍(2) 法隆寺その4:国宝伽藍(3) 法隆寺その5:境内の風景 法隆寺その6:重要文化財伽藍(1) 法隆寺その7:重要文化財伽藍(2) 法隆寺その8:境内…

続きを読むread more

稲葉谷行者磨崖仏 (奈良県生駒市)

濃い霧に包まれた生駒の石仏めぐりのスタートが<稲葉谷行者磨崖仏> である。 所在地住所に着いて、驚いたことに住宅地入口の大きな岩の上部に、 磨崖仏が彫られ、周りは一般的な磨崖仏の風景といえない。 1980~90年代に丘を削り住宅地開発が行われ、磨崖仏の岩のみを 残した結果である。 こうした開発に伴う文化遺産の保存の一つで、他…

続きを読むread more

兵庫県のお寺一覧

兵庫県のお寺を紹介 <阪神地域> 長遠寺(尼崎市):江戸時代初期の伽藍が残る寺 本興寺(尼崎市):尼崎市寺町の大寺 善通寺(尼崎市):首なし地蔵尊 如来院(尼崎市):法然上人二十五霊場第4番 広済寺(尼崎市):近松門左衛門の菩提寺 全昌寺(尼崎市):尼崎藩主戸田氏鉄ゆかりの寺 専念寺(尼崎市):平重盛の菩提寺 広徳…

続きを読むread more

福田寺 (兵庫県加古川市) 十一重石塔

かっては加古川河口に位置していた稲屋地区に建つ福田寺は、 606年聖徳太子の開創と伝承されるが、詳細は不詳である。 中世には播磨の覇者・赤松氏の庇護を受け栄えたといわれる。 永禄年間(1592~96年)に曹洞宗のお寺として再興され ている。 境内に安置されている十一重石塔は1313年の建立で、 石造物が多く残る加古川市でも貴…

続きを読むread more

大阪府のお寺一覧

大阪市のお寺一覧 堺市のお寺一覧 能勢妙見山(能勢町):妙見信仰の中心 真如寺(能勢町):関西身延 清普寺(能勢町):地元権力者・能勢氏の菩提寺 長杉寺(能勢町):江戸時代の枯山水庭園 玉泉寺(能勢町):鎌倉時代の板碑 蓮華寺(能勢町):五輪石塔 慈眼寺(能勢町):願掛観音 月峯寺(能勢町):北摂の名刹…

続きを読むread more

台鏡寺 (大阪府枚方市) 夜歩き地蔵

戦国時代に浄土真宗の寺内町として、江戸時代には宿場として栄えた 枚方にあって、1592年開創されたのが台鏡寺である。 江戸時代、台鏡寺の地蔵石仏が夜になると、宿場の悲しい身を持つ 女性の悩みを聞きに歩き回ったと伝承され、<夜歩き地蔵>と呼ばれている。 台鏡寺は小高い所に建ち、周りのお寺に比べて境内も広く、お寺らしい 風景を持っ…

続きを読むread more

当尾の石仏 (京都府木津川市加茂町) 浄瑠璃寺の石造物

当尾は古くから奈良の影響を受けて(特に、興福寺)、多くのお寺や石仏が 建立されたが、兵火などでお寺の多くを失い、現在は浄瑠璃寺、岩船寺、石仏 などの石造物が残った。 中でも石仏は<当尾の石仏>と呼ばれ、貴重な文化遺産となっている。 当尾の中核である浄瑠璃寺の石造物を見てみよう。 <浄瑠璃寺> <浄瑠璃寺の紅葉> 浄…

続きを読むread more

滋賀県湖東地域のお寺一覧

滋賀県湖東地域(近江八幡市、竜王町、安土町、東近江市、日野町、 愛荘町、豊郷町、甲良町、多賀町、彦根市)には紅葉で有名な湖東三山 などがある。 龍王寺<雪野寺>(竜王町):大蛇伝説の<重文>梵鐘 正念寺(竜王町):<重文>天部形立像 西光寺(竜王町):鎌倉時代の石塔 西光寺跡(竜王町):<重文>石燈籠・宝篋印塔 真照寺…

続きを読むread more

滋賀県のお寺総覧 

滋賀県は京都・奈良に続いて古寺が多く、仏教文化財も京都・奈良に 続いて多い。 国宝・重要文化財に指定された仏像を有する寺院数は207ヶ寺にも 及び、国宝・重要文化財に指定された建造物を有する寺院数は42ヶ寺で 共に全国3番目である。 それも小さな寺院が数多くあることが京都・奈良と大いに異なる。 <主な寺院> 延暦寺…

続きを読むread more

浄満寺 (滋賀県竜王町)

竜王町田中集落は田園の中に40数世帯を擁する小さな集落 であるが、そこに浄満寺、八幡神社が隣り合って建っている。 明治時代以前は神仏習合の形態であった。 八幡神社で毎年1月14日に行われる、稲の作柄を占う<粥占い>は 古から全国で行われている。 現在、竜王町ではここだけで行われている。 浄満寺の開創は不詳であるが、所蔵す…

続きを読むread more

遠生寺 (三重県四日市市)

四日市市堂ヶ山町の田園集落に建つ遠生寺は、南北朝時代に天台宗の お寺として開創されたと伝えるが、寛正年間(1460~66年)に 真宗高田派に代わり、1660年浄土宗に改宗している。 こうした宗派の変遷はよくあることで、珍しくない。 お寺の風景は普通のお寺であるが、阿弥陀如来、薬師如来の文化財仏像 を有する歴史を持っている。 …

続きを読むread more

龍光寺 (愛知県一宮市)

龍光寺が建つ一宮市千秋町は一宮市東部にあって、農業集落の 緑と住宅地区であるが、現在は住宅地として変貌しつつある。 そんな中にあって、龍光寺は神社風の境内を呈している。 龍光寺の開創は不詳であるが、本尊の十一面観音像は平安末期~ 鎌倉時代の造像と考えられ、開創もその頃かも。 <愛知県のお寺一覧> (1)寺名:龍光寺(…

続きを読むread more

仏眼院 (三重県桑名市)桑名東城主・伊藤氏の菩提寺

戦国時代の桑名には、桑名東城、桑名西城、三崎城があり、土豪が蟠踞して いたが、伊藤武左衛門実房が1513年に築城したといわれる桑名東城の 跡地に、1601年築城されたのが桑名城である。 現在は、桑名城跡は九華公園として整備されている。 桑名城跡の西800mほどの南魚町に、ポツンと建つのが仏眼院である。 仏眼院は、平安時代初期に…

続きを読むread more

瑞雲寺 (岐阜県土岐市) 東濃善光寺

土岐市は、陶磁器生産量日本一の美濃焼産地で、その中にあって、瑞雲寺が 建つ駄知町(だちちょう)は<どんぶり生産日本一>の里として知られる。 瑞雲寺の開創は不詳であるが、本尊に善光寺如来を祀り東濃善光寺と 呼ばれている。 <岐阜県のお寺一覧> (1)寺名:瑞雲寺(ずいうんじ) (2)住所:岐阜県土岐市駄知町1564-2…

続きを読むread more

祐福寺 (三重県熊野市)

熊野市は1954年、木本町と7村が合併し発足しているが、熊野の市名は 本来この地域のイメージとは強く結びついていないが、熊野灘の中心地域に位置 していることによるのか。和歌山県からはクレームがついたとか。 木本町は熊野古道伊勢路の通過地区で、古来この地域の中心として栄えたと いわれ、小さいながらも寺町が華城山南麓、熊野古道に接し…

続きを読むread more

桂林寺 (愛知県大口町) 堀尾吉晴の供養塔

大口町堀尾跡に建つ桂林寺には、<松江開封の祖>と呼ばれ、国宝松江城を 築城した堀尾吉晴の供養塔がある。 また、吉晴が生まれた地区でもあり、地名に堀尾跡として残っている。 堀尾吉晴は秀吉と家康に仕え、最後は幼少の松江藩主堀尾忠晴(孫)の 補佐役として1607~11年に松江城を築城し、松江の基礎を築き、 松江では堀尾吉晴は忘れられ…

続きを読むread more

東禅寺 (岐阜県可児市)

1601年、徳川家康から久々利の地を与えられた千村良重は 代官として、また尾張藩の家臣として陣屋を置いた。 1611年、千村氏の菩提寺として東禅寺は開創された。 千村良重は、木曽谷の領主木曾義昌の縁者であり、家臣として 仕えている。木曾義昌が1590年家康の命で現在の千葉県旭市に 移り、義昌が菩提寺として東禅寺を開創している。…

続きを読むread more