妙法寺 (山梨県富士河口湖町) 日蓮聖人ゆかり

河口湖南岸の小高い所にあって、河口湖大橋南の小立(おだち)地区
に建つのが妙法寺である。
お寺の桜を楽しみに訪れたが、桜開花今だしの状態であった。
お寺の開創は、日蓮聖人が1269年、富士山経ヶ嶽に法華経を埋納
し、国家安泰を祈った折に、小立の地を訪れ村人に説法したのが契機
となって、村人が法華堂を建立したのが始まりと伝えられている。
1559年現在地に再興されている。

お寺で記された<妙法寺記>は1466~1561年における、富士山
北麓の民衆生活史料として貴重な存在である。
現在は<勝山記・妙法寺記>として扱われている。

<山梨県のお寺一覧>

(1)寺名:妙法寺(みょうほうじ)
(2)住所:山梨県富士河口湖町小立692
(3)山号:蓮華山 (4)宗派:法華宗
(5)勧請開山:日蓮聖人 (6)開創:1269年
(7)本尊:十界曼荼羅
(8)その他
1)町指定文化財
  三十番神堂:1890年
  庫裡:1818年
  廻り舞台:1886年
2)訪問日:2021年3月23日


1富士山と河口湖(19-3700)河口湖と富士山24日 2 (3).JPG
               富士山と河口湖

2河口湖大橋(19-3700)河口湖と富士山24日 2 (2).JPG
                河口湖大橋

3周辺から(19-3703)常在寺 (10).JPG
                周辺から

4山門(19-3702)妙法寺 (2).JPG
                 山門

5山門(19-3702)妙法寺 (5).JPG
                 山門

6境内(19-3702)妙法寺 (14).JPG
                 境内

7本堂(19-3702)妙法寺 (6).JPG
                 本堂

8三十番神堂(19-3702)妙法寺 (8).JPG
                三十番神堂

9廻り舞台(19-3702)妙法寺 (10).JPG
                廻り舞台

10庫裡(19-3702)妙法寺 (12).JPG
                  庫裡