当尾の石仏 (京都府木津川市加茂町) 三体地蔵磨崖仏

奈良から岩船寺へ向う府道47号を、ミロクの辻から少し進んで右へ、
岩船寺への山道旧道を登った先に、厚肉彫りの三体地蔵磨崖仏が目に
とまる。
長方形の龕に彫られた穏やかな顔のお地蔵さんは、三界萬霊を供養
するために発願され、六地蔵信仰以前の形態と考えられている。

<京都府南部のお寺一覧>

(1)石仏名:三体地蔵磨崖仏
(2)所在地:京都府木津川市加茂町岩船上ノ門
(3)形態:厚肉彫り磨崖仏
(4)年代:鎌倉時代後期
(5)訪問日:2020年2月21日

1地図(26-0000)当尾地図岩船寺2.png
                    地図

2府道47号から右え旧道(26-67074)三体地蔵磨崖仏   (3).JPG
             府道47号から右へ旧道

3旧道への標識(26-67074)三体地蔵磨崖仏   (2).JPG
               旧道への標識

4旧道(26-67074)三体地蔵磨崖仏   (4).JPG
                  旧道

5旧道 前方に磨崖仏標識(26-67074)三体地蔵磨崖仏   (6).JPG
             旧道 前方に三体地蔵標識

6標識(26-67074)三体地蔵磨崖仏 (2).JPG
                  標識

7三体地蔵磨崖仏(26-67074)三体地蔵磨崖仏 (6).JPG
               三体地蔵磨崖仏

8(26-67074)三体地蔵磨崖仏 (7).JPG

10(26-67074)三体地蔵磨崖仏 (9).JPG

9(26-67074)三体地蔵磨崖仏 (8).JPG