国束寺 (三重県度会町) 伊勢の古刹

左に国束山(くづかさん)(411m)を見ながら、渡会(わたらい)
茶畑の中を山麓に進むと、国束寺の参道にたどり着く。
瀟洒な構えのお寺であるが、古い歴史を持つ古刹である。
国束寺は、601年聖徳太子が伊勢神宮の神勅により、国束山の頂上
附近に開創したと伝え、平安~室町時代には天台宗の修行道場として
大いに栄え、大伽藍を構えていたが、戦国時代織田信長軍の兵火で
灰燼に帰したといわれている。
1675年再興され、1953年現在地に移っている。

<三重県のお寺一覧>

(1)寺名:国束寺(くづかじ)
(2)住所:三重県度会町平生1481
(3)山号:涌福智山 (4)宗派:和宗(総本山四天王寺)
(5)開基:聖徳太子 (6)開創:601年
(7)中興:1675年 (8)本尊:十一面観音
(9)訪問日:2019年6月18日

1国束山と茶畑(24-2602)国束寺 (3).JPG
               国束山と茶畑

2参道(24-2602)国束寺 (6).JPG
                 参道

3(24-2602)国束寺 (21).JPG

4境内へ(24-2602)国束寺 (8).JPG
                 境内へ

5陶製仏像(24-2602)国束寺 (9).JPG
                陶製仏像

6本堂(24-2602)国束寺 (15).JPG
                 本堂

7愛染堂(24-2602)国束寺 (14).JPG
                 愛染堂

8鐘楼(24-2602)国束寺 (13).JPG
                 鐘楼