当尾の石仏 (京都府木津川市加茂町) 一願不動

府道47号岩船寺前からミロクの辻方面に80mほど進むと、 <石仏めぐり>標識を47号から右手に下る。 <一願不動>標識を右手に下ると一願不動磨崖仏に至る。 半肉彫りの不動明王立像磨崖仏は、摩耗が進んでいる。 1287年岩船寺の僧による造立で、一つお願いをすれば 叶えられると言い伝えられ、一願不動と呼ぶ。 <京都府南部のお…

続きを読むread more

即心寺 (滋賀県長浜市木尾町)

木尾集落の林間に建つ大田寺を訪問した折に、近くの北池辺に 建つ即心寺を訪れた。 これと言った特徴はないが、北池を通して見た本堂に惹かれて 寄ってみた。 この近くに木尾城跡があるらしいが、それらしきものは 見つけられず。 <滋賀県湖北地域のお寺一覧> (1)寺名:即心寺(そくしんじ) (2)住所:滋賀県長浜市木尾町…

続きを読むread more

阿弥陀寺 (和歌山県海南市下津町橘本) 橘本王子跡

熊野古道には6ルートがあるが、その中の紀伊路、中辺路のルート には、参詣者の安全を祈願するために99社の神社を、12~13世紀 に設定されている。 それが、今日では廃れたり、別の神社に合祀されたりしているものが 存在するが、残っているものを含めて、<熊野古道九十九王子>として、 史跡保存されている。 その一つ、橘本(きつもと…

続きを読むread more

正楽寺 (奈良県平群町) 子安地蔵尊

生駒山系東麓にあって、櫟原集落の丘陵上に建つ正楽寺の 開創は不詳であるが、元々生駒山口神社の近くにあったが、 1819年現在地に再興された。 その際子安地蔵石仏も造立され、それ以降地蔵信仰が集落 に広まり、例年<地蔵参り>法要が行われている。 境内には、種々の花木が植栽され彩りを添えることであろう。 <奈良県のお寺一覧>…

続きを読むread more

龍潜寺 (兵庫県新温泉町)

日本海に面する浜坂漁港、芦屋集落の城山東麓に建つのが龍潜寺である。 城山には、戦国時代の武将塩治氏の芦屋城があり、塩治氏が祈願所として 龍潜寺を開創したと伝えられている。 城山を背景に本堂が建ち、花木が彩りを添えている。 境外にある鎌倉時代の薬師如来を祀る芦屋薬師堂が、集落の薬師信仰 を集め、その佇まいが風景を造っている。 …

続きを読むread more

感応院 (大阪府八尾市)

八尾市東部、高安山(488m)山腹に建つのが神宮寺感応院で、 お寺の上に建つ恩智神社の神宮寺であった。 恩智神社は470年創建と伝わる古社で、明治時代の神仏分離まで 感応院は神宮寺であった。 その際、神社の所蔵であった十一面観音立像は感応院に安置され、 多くの文化財がある。 恩智神社へ続く趣のある長い石段参道の途中に感応…

続きを読むread more

岩船寺 (京都府木津川市加茂町) 十三重石塔

重要文化財に指定された十三重石塔は、全国に20基あり、 その内お寺にある十三重石塔は12基である。 その12基の中で最古のものが奈良市般若寺の1253年、 最も高いものが宇治市橋寺浮島十三重石塔の15mである。 岩船寺十三重石塔は、1314年造立、高さ5.3mの 小ぶりであるが、均整のとれた美形である。 <京都府南部のお…

続きを読むread more

実宰院 (滋賀県長浜市) 浅井三姉妹ゆかりの寺

1570年、北近江の戦国大名・浅井長政が織田信長との戦いに 敗れて自害し、小谷城は落城したが、妻・お市と娘三姉妹は 織田方の武士に助け出され、織田一族の織田信次に預けられている。 しかし、ここ長浜の浅井地区に伝わる伝承では、三姉妹は実宰院に 預けられたといわれている。 実宰院の住職は、長政の姉・昌安見久尼であったことから、この…

続きを読むread more