観音寺 (香川県小豆島町) 小豆島八十八ヶ所霊場第3番

小豆島八十八ヶ所霊場第3番観音寺は、第1番洞雲山の本坊、
第3番奥之院隼山の本寺、第5番・第6番・第86番の納経所
となっている。
小豆島の主要な坂手港の山手に観音寺は建ち、弘法大師の開創
と伝え、慶長年間(1596~1615年)再興されている。
整備された境内からは坂手の町並みや港が望める。

境内には、1709年8月9日坂手沖で遭難した新田藩主・
小笠原真方一行の供養塔があり、毎年供養が行われている。

<香川県のお寺一覧>

(1)寺名:観音寺(かんのんじ)
(2)住所:香川県小豆島町坂手甲589
(3)山号:隼山 (4)宗派:真言宗御室派
(5)開基:弘法大師空海 (6)開創:不詳
(7)本尊:十一面観音
(8)その他
1)小豆島八十八ヶ所霊場第3番
2)鐘楼:町指定文化財 1692年
3)梵鐘:町指定文化財 1691年
4)訪問日:2021年2月20日

1隼山から坂手港(37-2004)奥の院隼山 (7).JPG
              隼山からの坂手港

2全景(37-2003)観音寺 (4).JPG
                観音寺全景

3山門(37-2003)観音寺 (5).JPG
                 山門

4(37-2003)観音寺 (8).JPG

5境内(37-2003)観音寺2 (4).JPG
                 境内

6本堂(37-2003)観音寺2 (20).JPG
                  本堂

7鐘楼(37-2003)観音寺 (11).JPG
                 鐘楼

8境内から(37-2003)観音寺2 (5).JPG
                境内から

9境内から碁石山(37-2002)碁石山2 (11).JPG
              境内からの碁石山