龍興寺 (広島県福山市) 福山藩家老三村氏の菩提寺

福山城の北側丘陵地にあって、福山城築城(1622年)に伴って、
お寺が移転され、城の北防護とされた地区・北吉津に建つのが
龍興寺である。境内からは再建福山城を望む。
龍興寺は、現在の福山市神辺町川北(龍泉寺が建つ)に開創され、
1620年代に現在地に移されている。

福山城を築城した福山藩初代藩主・水野勝成の家老三村氏の
菩提寺でもある龍興寺の寺構えは城郭風の石垣が特徴である。

<広島県のお寺一覧>

(1)寺名:龍興寺(りょうこうじ)
(2)住所:広島県福山市北吉津町1-3-6
(3)山号:慈雲山 (4)宗派:曹洞宗
(5)開創:不詳 (6)本尊:聖観音
(7)訪問日:2020年4月4日

1福山城(34-0110)龍興寺 (18).JPG
                 福山城

2龍興寺全景(34-0110)龍興寺  (2).JPG
                龍興寺全景

3参道(34-0110)龍興寺 (8).JPG
                 参道

4山門(34-0110)龍興寺 (10).JPG
                 山門

5六地蔵(34-0110)龍興寺 (14).JPG
                 六地蔵

6本堂(34-0110)龍興寺 (3).JPG
                 本堂

7地蔵堂(34-0110)龍興寺 (2).JPG
                 地蔵堂

8福山城を望む(34-0110)龍興寺 (19).JPG
               福山城を望む