宝珠院 (大阪市北区) 油掛大黒天

北区の寺町通に面して建つ宝珠院には<油掛大黒天>が祀られて
いるが、全国的にも、岡山市大黒天神社、岡崎市永泉寺など
20ヶ所に満たない珍しい大黒天である。
油掛地蔵はよく知られており、そこから派生したものだろう。

宝珠院は、弘仁年間(810~824年)弘法大師空海によって、
大川辺に開創されたと伝え、1396年には大阪天満宮の神宮寺
として天満宮寺の勅額を受け、おおいに栄えたといわれている。
桃山時代、現在地に移転している。

<大阪市のお寺一覧>

(1)寺名:宝珠院(ほうじゅいん)
(2)住所:大阪府大阪市北区与力町1-2
(3)山号:菅原山 (4)宗派:真言宗御室派
(5)開基:弘法大師空海 (6)開創:810~824年
(7)本尊:大日如来
(8)その他
1)十一面観音立像:市指定文化財 13世紀後半
2)弥勒菩薩立像:市指定文化財 13世紀後半
3)仏龕:市指定文化財 1711年 湛海作
4)訪問日:2019年1月7日

1門前の寺町通(27-1913)(00)九品寺 (3).JPG
               門前の寺町通

2門前(27-1914)(00)宝珠院 (8).JPG
                  門前

3宝珠院全景(27-1914)(00)宝珠院 (2).JPG
                宝珠院全景

4山門と本堂(27-1914)(00)宝珠院 (3).JPG
                山門と本堂