伊賀市のお寺 (三重県)

三重県伊賀市は奈良・京都に近いこともあり、仏教文化が栄えた。 芭蕉の故郷でもある。 主なお寺を紹介 寺名をクリックすると詳細へ <伊賀の石仏> みのいし地蔵(丸柱) 音羽七体地蔵磨崖仏(音羽) 伊賀国分寺跡:聖武天皇詔の国分寺 新大仏寺:東大寺ゆかりの寺 観菩提寺:正月堂 西蓮寺:真盛上人ゆかりの寺 常福寺…

続きを読むread more

伊賀の石仏 (三重県伊賀市) みのいし地蔵

伊賀市丸柱から音羽へ市道を辿り、伊賀焼長谷園を過ぎて600mほど 行くと、道端に杉の大木が見えてくる。 杉の下に<みのいしじぞう>の案内板がある。 杉の根元に下りると、小川が流れ、その根元にお地蔵さんが掘られた 磨崖仏が、杉の根元に抱き込まれた形である。 杉が先にあったのか、それとも磨崖仏が先にあったのか興味を抱く。 磨崖仏…

続きを読むread more