大隆寺 (愛媛県宇和島市) 宇和島藩主伊達氏の菩提寺

宇和島城の東から南、山麓に寺町とも呼べる地区に、甍を並べる寺院群の 南東奥に建つのが名刹大隆寺である。 大隆寺は、1608年頃宇和島藩主・富田信高が父の菩提を弔うために 開創している。 1614年、伊達政宗の庶長子・秀宗が宇和島藩主となると、等覚寺とともに、 伊達氏の菩提寺となっている。 伊達秀宗の墓は等覚寺、正室亀の墓は大…

続きを読むread more