当尾の石仏 (京都府木津川市加茂町) 水呑み地蔵

奈良市中から京都府笠置町への笠置古道は、平安時代から通じていたといわれ、
その内、奈良市中ノ川町~浄瑠璃寺~岩船寺南部~奈良市西狭川町が支道として
奈良道(中川越)があり、奈良~当尾間の古道として利用されていた。
現在では、この奈良道は山道で利用されずハイキング道となっている。

この奈良道に面して、浄瑠璃寺南大門(赤門)が建っていたが、1343年
火災により南大門は焼失し、そこにあった地蔵堂も焼失したといわれている。
その地蔵堂に祀られていた地蔵石仏が<水呑み地蔵>といわれている。
伝承によると、江戸時代、荒木又右衛門がここで水を呑んだことから、
水呑み地蔵と名付けられたとか。

浄瑠璃寺参道を入ってすぐ、左へ山手に入り山道を15分ほど登ると、
<赤門坂峠>の標識がある峠に着く。峠の三叉路を真っ直ぐ中ノ川へ
下ると、左手に<水呑み地蔵>標識があり、そこを左手に下ると地蔵石仏
が安置されている。

<京都府南部のお寺一覧>

(1)石仏名:水呑み地蔵(石造地蔵菩薩坐像)
(2)所在地:京都府木津川市加茂町西小長尾赤門坂峠付近
(3)年代:鎌倉時代中期
(4)像高:約180cm
(5)訪問日:2020年2月21日

1浄瑠璃寺参道左へ(26-67059)水呑み地蔵 (1).JPG
             浄瑠璃寺参道手前左へ

2山道(26-67059)水呑み地蔵 (5).JPG
                  山道

3前方に峠(26-67059)水呑み地蔵 (8).JPG
                前方に峠

4赤門坂峠(26-67059)水呑み地蔵 (9).JPG
                赤門坂峠

5峠標識(26-67059)水呑み地蔵 (25).JPG
                 峠標識

6左へ水呑み地蔵(26-67059)水呑み地蔵 (10).JPG
               左へ水呑み地蔵

7水呑み地蔵へ(26-67059)水呑み地蔵 (11).JPG
               水呑み地蔵へ

8水呑み地蔵(26-67059)水呑み地蔵 (13).JPG
                水呑み地蔵

9水呑み地蔵(26-67059)水呑み地蔵 (16).JPG

10(26-67059)水呑み地蔵 (15).JPG