慈眼寺 (兵庫県伊丹市鴻池)

伊丹市鴻池は鴻池財閥発祥の地であり、伊丹清酒発症の地でもある。 その鴻池財閥の始祖・鴻池新六は、戦国時代の武将で知られる 山中鹿介の子といわれ(諸説あり)、鴻池の地に逃れ、清酒の醸造を 始めたのが鴻池財閥の始まりといわれている。 その新六の墓が慈眼寺にある。 慈眼寺の開創は不詳であるが、本尊の釈迦如来坐像は1195年の …

続きを読むread more