大昌寺 (三重県紀北町) 不動堂格子絵天井

紀勢道紀伊長島ICを出て、国道422号を山手の大原方面に、
6kmほど行くと、大昌寺の道路標識がある。
山麓に向かって石段の参道が続いている。
車は道路左手の空き地に駐車可能である。

1国道422号(24-3701)大昌寺 (1).JPG
               国道422号

2大昌寺道路標識(24-3701)大昌寺 (19).JPG
              大昌寺道路標識

3参道(24-3701)大昌寺 (18).JPG
                  参道

参道を登ると、正面に本堂、左手に不動堂が建つ。
不動堂の格子天井に、百歌仙を描いた絵馬がはめ込まれ、その
色彩は今だに保たれている。
制作時期は弘化年間(1844~48年)と推定されている。
なお、大昌寺は1657年開創されたと伝えられている。

<三重県のお寺一覧>

(1)寺名:大昌寺(だいしょうじ)
(2)住所:三重県紀北町大原258
(3)山号:千峰山 (4)宗派:曹洞宗
(5)開創:1657年 (6)本尊:薬師如来
(7)その他
1)格子絵天井:町指定文化財 1844~48年

4全景(24-3701)大昌寺 (5).JPG
                大昌寺全景

5不動堂(左)本堂(24-3701)大昌寺 (14).JPG
             不動堂(左)本堂(右)

6格子絵天井(24-3701)大昌寺 (11).JPG
                格子絵天井

7格子絵天井(24-3701)大昌寺 (12).JPG