瑞光寺 (大阪市北区)

大阪天満宮を中心とする天満地区に、豊臣秀吉はお寺を集め寺町の
形成を計画し、江戸時代初期に完成した天満寺町は、天神橋筋から
東を東寺町、西を西寺町と呼んでいる。
この天満寺町は、東西に1.5kmの寺町通が通じ、北側にお寺が
40弱連なる寺町で、その東寺町の一部が現在の町名である同心
がある。
この同心は、江戸時代に同心の屋敷があったことから由来している。
瑞光寺はこの同心にあって、寺町通に面し、一般住宅風の建物である。
山門が閉じており、その由緒などは不詳である。

<大阪市のお寺一覧>

(1)寺名:瑞光寺(ずいこうじ)
(2)住所:大阪市北区同心1-4-3
(3)山号:祥雲山 (4)宗派:臨済宗妙心寺派
(5)開創:不詳 (6)本尊:

1寺町通(27-1912)(00)瑞光寺 (4).JPG
                 寺町通

2全景(27-1912)(00)瑞光寺 (3).JPG
                  全景

3山門(27-1912)(00)瑞光寺 (2).JPG
                  山門

4本堂(27-1912)(00)瑞光寺 (5).JPG
                  本堂