自性院 (岡山県赤磐市) 日野富子の墓

室町幕府8代将軍足利義政の正室・日野富子は応仁の乱(1467~78年)
が勃発すると、一時現在の赤磐市に避難したと伝承されている。
1483年第9代将軍義尚と対立し、この地に隠遁し1490年
自性院を開創したと伝承され、富子の墓といわれる宝篋印塔が
残されている。
通説では富子は京都を離れたことはない。

<岡山県のお寺一覧>

(1)寺名:自性院(じしょういん)
(2)住所:岡山県赤磐市沢原1208
(3)山号:小川山 (4)宗派:天台宗
(5)開基:日野富子 (6)開創:1490年
(7)本尊:千手観音
(8)その他
1)宝篋印塔:市指定文化財 室町時代
       一基は日野富子の伝墓 一基は足利義政の伝供養塔

01全景(33-0408)(00)自性院 (1).JPG
                  全景

02山門(33-0408)(00)自性院 (2).JPG
                  山門

03本堂(33-0408)(00)自性院 (5).JPG
                  本堂

04宝篋印塔(33-0408)(00)自性院 (9).JPG
                 宝篋印塔