禅定寺 (和歌山県海南市下津町)

下津港北の高台に建つ禅定寺は、12世紀末関白藤原兼実の
発願により開創されたと伝えられ、真言宗の村堂として地蔵尊が
祀られ信仰を集めたといわれている。
豊臣秀吉の紀州侵攻により焼失したが、1661年浄土宗寺院
として再興されている。

<和歌山県のお寺一覧>

(1)寺名:禅定寺(ぜんじょうじ)
(2)住所:和歌山県海南市下津町方1157
(3)山号:月輪山 (4)宗派:浄土宗
(5)開創:12世紀末 (6)本尊:阿弥陀如来
(7)その他
1)東海近畿地蔵霊場第32番
2)本堂:市指定文化財 江戸時代

1下津港(30-2210)(00)禅定寺 (5).JPG
                 下津港

2禅定寺遠景(30-2210)(00)禅定寺 (7).JPG
                禅定寺遠景

3全景(30-2210)(00)禅定寺 (4).JPG
                  全景

4本堂(30-2210)(00)禅定寺 (2).JPG
                  本堂