神宮寺 (滋賀県草津市)

草津市中心部の住宅地にこじんまりと建つ神宮寺は、その名の通り
1kmほど離れたところに、767年創建された立木神社の神宮寺
として開創され、明治時代初期の神仏分離によって現在地に
移転している。
神仏分離による神社とお寺の分離は数多く、その影響は日本人の
宗教観を大きく変えた。

<滋賀県湖南地域のお寺一覧>

(1)寺名:神宮寺(じんぐうじ)
(2)住所:滋賀県草津市草津1-16-1
(3)山号:景雲山 (4)宗派:天台宗
(5)開創:767年 (6)本尊:十一面観音
(7)その他
1)不動明王立像:市指定文化財 藤原時代
2)春日鹿曼荼羅図:市指定文化財 室町時代

(25-0320)(00)神宮寺 (3).JPG
                  山門

(25-0320)(00)神宮寺 (2).JPG
                  本堂