長円寺 (兵庫県加西市) 戦国大名赤松政則最期の地

鎌倉時代末期~戦国時代末期の長い期間、播磨に君臨した
赤松氏にあって最盛期を築いた9代赤松政則が、鷹狩りで
宿泊していた長円寺で最期を迎えたといわれている。
赤松氏の3代赤松円心が播磨に君臨したが、8代満祐の
嘉吉の乱(1441年)で一時没落するが、政則が盛り返し
赤松氏の最盛期を築いている。

長円寺は650年開創と伝わる古刹であるが、盛衰を繰り返し
現在はひっそりと山麓に佇む。

<兵庫県のお寺一覧>

(1)寺名:長円寺(ちょうえんじ)
(2)住所:兵庫県加西市福居町328
(3)山号:久斗山 (4)宗派:天台宗
(5)開基:法道仙人 (6)開創:650年
(7)本尊:十一面観音
(8)その他
1)板碑:市指定文化財 室町時代前期

1長円寺へ(28-4312)(00)長円寺 (1).JPG                    長円寺へ

2全景(28-4312)(00)長円寺 (2).JPG                    全景

3山門(28-4312)(00)長円寺 (4).JPG                    山門

4(28-4312)(00)長円寺 (8).JPG                   

5本堂(28-4312)(00)長円寺 (9).JPG                    本堂

6周辺(28-4312)(00)長円寺 (3).JPG                    周辺