妙香寺 (奈良県宇陀市菟田野) 常盤御前ゆかりの地

芳野川沿いに走る県道31号に面して建つ妙香寺は、
源義経の娘・妙香尼が父・義経と祖母・常盤御前の
菩提を弔うために開創したと伝えられている。
義経の母・常盤御前は、夫の源義朝が戦に敗れて
亡くなった後、京から大和・菟田野へ3人の子供を
連れて一時逃れてきたと伝えられ、下芳野地区は
<常盤御前ゆかりの里>と呼ばれている。
そうした由緒で、妙香尼がこの地に妙香寺を開創した
と伝承されている。

常盤御前の伝承は各地に伝わり、義経の伝説が多く
あることに起因している。

<奈良県のお寺一覧>

(1)寺名:妙香寺(みょうこうじ)
(2)住所:奈良県宇陀市菟田野下芳野755
(3)山号:梅華山 (4)宗派:浄土真宗本願寺派
(5)開基:妙香尼 (6)開創:12世紀末
(7)本尊:阿弥陀如来

1門前(29-143)(00)妙香寺 (4).JPG                         門前

2全景(29-143)(00)妙香寺 (5).JPG                         全景

3山門(29-143)(00)妙香寺 (1).JPG                         山門

4(29-143)(00)妙香寺 (12).JPG

5本堂(29-143)(00)妙香寺 (10).JPG                         本堂