西教寺 (滋賀県湖南市西寺)

滋賀県湖南地域に位置する金勝山(栗東市)、
阿星山(湖南市)、飯道山(甲賀市)
は金粛菩薩(良弁僧正)の霊地といわれ、
阿星山の山麓には<阿星山五千坊>と呼ばれた
天台仏教圏が平安時代に築かれたといわれている。
その中で、常楽寺(湖南市西寺)と長寿寺
(湖南市東寺)が2大寺として残り、湖南三山を
形成している。
その常楽寺参道入口脇に建つ西教寺は890年に
開創されたと伝え、山号も阿星山で、
阿星山五千坊の一つであったと思われる。
現在は本堂のみで常楽寺が管理し、集落の
菩提寺的役割となっている。

<滋賀県湖南地域のお寺一覧>

(1)寺名:西教寺(さいきょうじ) 
(2)住所:滋賀県湖南市西寺6-11-1
(3)山号:阿星山 (4)宗派:天台宗
(5)開創:890年 (6)本尊:阿弥陀如来

画像
               常楽寺

画像
              常楽寺参道

画像
              西教寺本堂