十楽寺 (滋賀県甲賀市土山町)

鈴鹿峠に差し掛かる国道1号に面して建つ十楽寺は、甲賀三大仏の1ヶ寺で
あり、全国的にも珍しい摩耶夫人像が祀られているお寺である。
甲賀三大仏とは、
  大池寺(水口町)釈迦如来坐像  櫟野寺(甲賀町)薬師如来坐像
  十楽寺(土山町)阿弥陀如来坐像
摩耶夫人とは、釈迦の生母で、釈迦の生後7日後に亡くなったといわれている。
摩耶夫人像として有名な像は旧法隆寺蔵の像で、現在は東京国立博物館で
展示されている。
十楽寺のそれは、室町時代の造像で、右脇から釈迦が生れる姿である。

十楽寺は大池寺や櫟野寺ほど知られていないが、他にも多くの仏像が
祀られ、一見の価値が大いにある。予約して。

<滋賀県湖南地域のお寺一覧>

(1)寺名:十楽寺(じゅうらくじ) 
(2)住所:滋賀県甲賀市土山町山中351
(3)山号:清浄山 (4)宗派:浄土宗
(5)開基:寂照 (6)開創:1486年 (7)本尊:阿弥陀如来
(8)その他
1)丈六阿弥陀如来坐像:江戸時代前期 像高278cm
2)阿弥陀如来坐像:市指定文化財 藤原時代 像高90cm
3)十一面観音立像:市指定文化財 藤原時代 像高217cm
4)摩耶夫人立像:市指定文化財 室町時代 像高86cm

画像
              国道1号鈴鹿峠へ

画像
                全景

画像
                山門

画像
                本堂