円福寺 (名古屋市熱田区)

熱田神宮西南、国道1号と伏見通の交差点西南隅に建つのが円福寺である。 古においては、この辺りは<洲崎の浜>と呼ばれ、熱田神宮南まで浜辺が 広がっていたといわれている。 806年伝教大師最澄が熱田神宮に参籠した折に、須崎の浜に毘沙門堂を 建てたのが円福寺の起源と伝えられている。 鎌倉時代末期に比叡山の僧・厳阿が天台宗から時宗に改…

続きを読むread more