十王寺 (滋賀県湖南市) 国宝・長寿寺の本坊

湖南三山(善水寺、長寿寺、常楽寺)の長寿寺に紅葉狩りに訪れた際、
一人の立ち働く僧侶に声をかけると、実は長寿寺山門前に建つ十王寺の
住職であった。
住職の話によると、奈良時代に聖武天皇の勅願により開創された長寿寺
には20数坊の坊舎があったが、その一つが十王寺で、現在も残っている
唯一の坊舎で、現在は長寿寺の本坊として長寿寺を管理していると。
長寿寺は勅願寺で、十王寺は東寺集落の氏寺的存在となっている。

長寿寺本堂が国宝であり、紅葉のスポットとして多くの観光客が訪れ、
この時期には集落総出でサポートしているとか。

<滋賀県湖南地域のお寺一覧>

(1)寺名:十王寺(じゅうおうじ) (2)住所:滋賀県湖南市東寺645
(3)山号:阿星山 (4)宗派:天台宗
(5)開基:行基 (6)開創:724年 (5)開基:(7)本尊:阿弥陀如来

画像
                       長寿寺

画像
                      長寿寺参道

画像
                      長寿寺紅葉

画像
                      長寿寺本堂

画像
                      十王寺紅葉

画像
                      十王寺本堂

画像


画像
                      十王寺山門