慈光寺 (徳島県徳島市) 蜂須賀家政正室の菩提寺

徳島藩祖・蜂須賀家政は徳島の礎を築き、阿波踊り発祥のきっかけ人とも いわれる大名である。 その家政の正室が慈光院(ひめ)で、嫡男・至鎮が徳島初代藩主である。 1606年慈光院が病で亡くなると、至鎮が開創した広雲寺を現在地に 移転し、慈光寺として菩提を弔ったといわれている。 当時は広大な境内であったといわれるが、現在は大通り面し…

続きを読むread more