もくもく探索日誌 2019年2月23日 甲賀市

新名神甲賀土山ICを8時半に出る。
晴天に恵まれたが、肌寒い北風が顔面を叩く。帽子を何度も飛ばす。
鈴鹿山系麓の土山町~甲賀町と未知のお寺を巡る。
無住のお寺が多く、過疎化を強く感じる。

画像
                       鈴鹿山系

画像
                   雪をかぶる鈴鹿山系

画像
                       善福寺

画像
                     野洲川ダム湖

画像
                      香連寺の梅

画像
                       龍泉寺

国道1号を鈴鹿峠へ向かい、上りに差し掛かった国道沿いに建つ<十楽寺>
が最初の訪問となる。ここの本尊は<甲賀三大仏>と呼ばれている。
拝観はかなわなかったが、次回は予約を取って。
国道から鈴鹿スカイラインへ入り、鈴鹿山系の野洲川ダムへ。
ダム下の大河原集落に建つ<善法院>では、近在のお年寄りが多く
お参りされていた。高齢化集落の典型といえよう。
野洲川ダム湖にも足を延ばし、目の前に鈴鹿山系を見る。
ここから三重県へは冬季通行止め。

画像
                       鈴鹿峠へ

画像
                       妙蓮寺

画像
                    鈴鹿スカイライン

画像
                      大河原集落

画像
                       善法院

野洲川沿いに下流へ。青土ダムを経て、<白毫寺>へ。
茅葺の山門とイチョウの風景が妙を得ている。
聖徳太子創建と伝わる<地安寺>の鐘楼門も見逃せない。

画像
                       野洲川

画像
                      青土ダム湖

画像
                       土山茶畑

画像
                       白毫寺

画像
                       東光寺

画像
                       地安寺

甲賀町へ入る。ナビ不調。
探るように山道へ。<常楽院>、<安楽寺>と。安楽寺は山道の突き当りに、
隠れるように建つ。ここの地蔵菩薩がすばらしいとか。
このお寺にはなく、博物館に保管されている。
<香連寺>への道を迷い迷い辿り着く。これぞもくもく探索の醍醐味。
甲賀駅近くの<補陀楽寺>で一休み。

画像
                       安楽寺

画像
                       薬師寺

甲賀町の西の山手に向かう。
和田城跡近くの<善福寺>、和田城跡へも足を延ばす。
<極楽寺>などを経て、信楽へ向かう。

画像


画像
                       和田城跡

画像
                     法然上人幼少像

信楽に入り、<神山清子陶房>を訪れる。
2019年10月からの朝ドラ<スカーレット>のヒロインのモデルが
女性陶芸家の草分けといわれる神山清子である。
陶房は意外にも質素で、静な佇まいに驚く。神山さんは留守のようだ。
若い女性が穴窯をスケッチしているのが印象的だった。
また機会をみて訪れよう。
万歩計8千歩。
もくもく探索満足度は80点。

画像
                     神山清子陶房

画像
                       陶房全景

画像


画像


画像
                        穴窯