お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 発音寺 (兵庫県伊丹市) 三面大黒天

<<   作成日時 : 2019/01/12 16:05   >>

トラックバック 0 / コメント 0

伊丹市春日丘の住宅地に建つ発音寺には、珍しい<三面大黒天>が
祀られている。
正面に大黒天、右面に毘沙門天、左面に弁財天の三つの顔を持つ
三面大黒天は、京都高台寺の塔頭・円徳院に祀られている豊臣秀吉の
念持仏がよく知られている。
勝運・開運などを祈願した念持仏は、秀吉の正室北政所が引き継ぎ
円徳院に祀られたといわれている。

発音寺の三面大黒天は、宝暦年間(1751〜64年)に大阪日本橋長町
の毘沙門堂から移座されたといわれている。

<兵庫県のお寺一覧>参照

(1)寺名:発音寺(ほつおんじ) (2)住所:兵庫県伊丹市春日丘4-7
(3)山号:飛鳥山 (4)宗派:浄土宗
(5)開創:1648年 (6)本尊:阿弥陀如来
(7)その他
1)十一面観音立像:市指定文化財 室町時代 像高170cm
2)大日如来坐像:市指定文化財 南北朝時代 像高84cm
3)三面大黒天立像:市指定文化財 江戸時代初期 像高148cm

画像
                        全景

画像
                        本堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

発音寺 (兵庫県伊丹市) 三面大黒天 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる