極楽寺 (兵庫県豊岡市城崎町) 石庭

城崎温泉街の最奥に位置し、まんだら湯の近くに建つ極楽寺は、応永年間
(1394~1428年)に東福寺70世金山明昶によって開創されたと
伝えられ、江戸時代初期に沢庵和尚によって再興されたといわれている。
この頃、沢庵和尚は出石町の宗鏡寺に隠棲していた。

石庭は清閑庭と呼ばれ、鞍馬の赤石、白川の白砂、吉野の青石を
配した枯山水庭園である。

<兵庫県丹波、但馬のお寺一覧>参照

(1)寺名:極楽寺(ごくらくじ) (2)住所:兵庫県豊岡市城崎町湯島801
(3)山号:萬年山 (4)宗派:臨済宗大徳寺派
(5)開基:金山明昶 (6)開創:1394~1428年 (7)本尊:阿弥陀如来
(8)その他
1)山門:市指定文化財 江戸時代

画像
                      城崎温泉街

画像
                      城崎温泉街

画像
                      城崎温泉街

画像
                      まんだら湯

画像
                      極楽寺門前

画像
                        山門

画像
                     水掛け地蔵尊

画像
                       清閑庭

画像


画像


画像
                       独鈷水

画像
                        本堂