大雲寺 (兵庫県宍粟市山崎町) 山崎藩主本多氏の菩提寺

宍粟市山崎町は、古来因幡街道の拠点であったが、1615年姫路藩主・ 池田輝政の四男・輝澄が山崎藩を立てたが、その後藩主がいくつか 変わり、1679年本多氏が入って明治維新まで続き、山崎町の基礎を 築いている。 城はなかったが陣屋が置かれ、城下町として発展した。 藩主本多氏の菩提寺が大雲寺である。 大雲寺の建つ一帯は、山崎藩の…

続きを読むread more