本受寺 (大阪府堺市) 西宗真の菩提寺

妙国寺の斜め前に門を閉ざして建つ本受寺は、西宗真(洗礼名ルイス)の 菩提寺である。 西宗真はもと肥前大村藩士であったが、マニラルソン島に渡り、そこを 拠点に日本貿易を行っていた。 江戸時代になって、徳川家康の目にかかり、駿府で謁見し、海外事情を 話し、朱印船貿易を許可され、財を成した。 元和年間(1615~24年)堺に移り、…

続きを読むread more