お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 吉井寺 (広島県府中市上下町) 備後大仏

<<   作成日時 : 2018/11/05 13:53   >>

トラックバック 0 / コメント 0

かっての上下町は、石見銀山の銀集積地として、1700年江戸幕府の天領
となり、代官所が設置された。
その初代代官が病を患った折に、吉井谷に祀られていた薬師如来の夢告に
より、薬を調剤し服用したところ完治し、代官は薬師如来を移座して
吉井寺を開創したと伝えられている。
それ以来、吉井寺は代官所の祈願寺となった。
この薬師如来坐像をいつしか<備後大仏>と呼ぶようになったとか。

<広島県のお寺一覧>参照

(1)寺名:吉井寺(よしいでら) (2)住所:広島県府中市上下町上下443
(3)山号:医王山 (4)宗派:真言宗御室派
(5)開基:曲淵市郎右衛門 (6)開創:1700年頃 (7)本尊:薬師如来
(8)その他
1)薬師如来坐像:県指定文化財 鎌倉時代 像高148cm

画像
                        本堂

画像
                        参道

画像
                        門前

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

吉井寺 (広島県府中市上下町) 備後大仏 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる