大法寺 (長野県駒ヶ根市)

駒ヶ根市の西部、上穂城跡に建つのが大法寺である。
上穂城は戦国時代、上穂氏の居城であったが、武田信玄の信州侵入
によって1556年廃城となったといわれている。
1569年その城跡に大法寺が開創されたと伝えられている。
大法寺は駒ヶ根市で唯一の日蓮宗寺院である。

境内には七面天女を祀る色彩豊かな七面堂が建っている。

<長野県のお寺一覧>参照

(1)寺名:大法寺(だいほうじ)
(2)住所:長野県駒ヶ根市赤穗赤穗北割一区2868
(3)山号:真浄山 (4)宗派:日蓮宗
(5)開基:日躰 (6)開創:1569年 (7)本尊:釈迦牟尼
(8)その他
1)仏涅槃図:市指定文化財 1718年

画像
                        全景

画像
                        参道

画像
                        境内

画像
                       七面堂

画像
                        本堂