玉瀧寺 (三重県伊賀市)

伊賀市、名張市を走る広域農道<伊賀コリドールロード>沿いの北伊賀地域
に建つのが玉瀧寺である。
玉瀧(たまたき)地区は、奈良時代には東大寺の影響が及び、958年には東大寺
の荘園となり、玉瀧寺は東大寺の末寺として活動したと伝えられている。
玉瀧寺は8世紀中頃の開創と伝えられるが詳細は不詳である。
戦国時代、織田信長の伊賀侵攻により壊滅したが、寛永年間(1624~44年)
大徳寺170世清巌によって再興されている。

玉瀧地区の地名発祥の元は、玉瀧寺に関係しているといわれ、地区の
中核寺院である。

<伊賀市のお寺一覧>参照

(1)寺名:玉瀧寺(ぎょくろうじ、たまたきじ)
(2)住所:三重県伊賀市玉瀧2624
(3)山号:吉祥山 (4)宗派:臨済宗大徳寺派
(5)開創:8世紀中頃 (6)中興:1624~44年 清巌 (6)本尊:釈迦牟尼

画像
                        全景

画像
                        山門

画像
                        境内

画像
                        本堂