本廣寺 (石川県小松市粟津町)

浄土真宗の根本聖典<教行信証>は1224年親鸞聖人が撰述し、これが
浄土真宗の開宗としている。
現在残っている教行信証で重要なものは、親鸞聖人真筆の坂東本(国宝)、
1275年書写された西本願寺本(重文)、真仏上人書写の高田本(重文)で
あるが、西本願寺本には次のような伝承が残っている。

1474年蓮如上人の吉崎御坊が炎上した時、本光房了顕が燃え盛る坊舎
に飛び込んで、自分の腹を掻き割り、教行信証の証文類をその中に
納め、火災から守ったといわれるのが西本願寺本で、<腹籠りの聖教>
と呼ばれている。
吉崎御坊は1506年朝倉氏によって破却され、寺内町は消えている。

江戸時代末期になって、本光房了顕の遺徳を偲んで、粟津町に
開創されたのが本廣寺(本来、本光寺とすべきであったが、近くに同名の
お寺があったことから)といわれている。
粟津温泉の街中にある。

<石川県のお寺一覧>参照

(1)寺名:本廣寺(ほんこうじ) (2)住所:石川県小松市粟津町ワ68
(3)山号:乾山 (4)宗派:真宗大谷派
(5)開創:江戸時代末期 (6)本尊:阿弥陀如来

画像
                        山門

画像
                        本堂

画像
                        周辺