南溟寺 (大阪府泉大津市) 大津御堂

南溟寺の地は、鎌倉時代に築城された大津城(真鍋城)の跡地で、
戦国時代に城主となった真鍋氏が滅んだ後、荒地となっていたが、
1595年長泉寺が跡地に移ってきて南溟寺として再興されたといわれている。
その後大津御堂として寺内町を形成した。
現在も周辺には寺内町の面影が残っている。
お寺の境内には<真鍋城址>の標石が建てられ、それのみが城跡を
示している。

<大阪府のお寺一覧>参照

(1)寺名:南溟寺(なんめいじ) (2)住所:大阪府泉大津市神明6-15
(3)山号:松岡山 (4)宗派:真宗大谷派
(5)開基:明賢 (6)開創:1536年 (7)本尊:阿弥陀如来
(8)その他
1)渡辺家位牌・厨子:市指定文化財 江戸時代
2)本堂襖絵:江戸時代中期

画像
                        門前

画像
                       太鼓楼

画像
                        本堂

画像


画像
                        周辺