お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 妙勝寺 (兵庫県淡路市) 足利尊氏ゆかりの寺

<<   作成日時 : 2018/07/16 09:20   >>

トラックバック 0 / コメント 0

1333年鎌倉幕府が滅びた後、後醍醐天皇と軋轢が生じた足利尊氏は、
1336年楠木正成や新田義貞に敗れ、九州へ逃れる途次に、妙勝寺に
参り、<妙に勝つ>の寺名に感銘し、太刀を奉納して開運妙勝を祈願
したと伝承されている。
3ヶ月後には、湊川の戦に勝利し、室町幕府が成立するのである。
尊氏奉納の太刀にちなみ、妙勝寺の山号は<御太刀山>となった
いわれている。

妙勝寺の開創は不詳であるが、鎌倉時代末期ともいわれている。
現在の妙勝寺は、淡路の名刹として、四季折々の花の寺として篤い
信仰を集めている。
また、江戸時代初期の池泉鑑賞式庭園は見応えがある。

<淡路島のお寺一覧>参照

(1)寺名:妙勝寺(みょうしょうじ) (2)住所:兵庫県淡路市釜口1163
(3)山号:御太刀山 (4)宗派:法華宗
(5)開創:不詳 (6)本尊:大曼荼羅
(7)その他
1)庭園:県指定名勝 池泉鑑賞式庭園 江戸時代初期
2)大クスノキ:県指定天然記念物 推定樹齢600年以上
3)墓地石造品:市指定文化財
4)月の山聖観音立像:市指定文化財

画像
                        参道

画像
                       境内入口

画像
                      大クスノキ

画像


画像
                        本堂

画像
                        本坊

画像


画像
                        庭園

画像


画像
                        眺望

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

妙勝寺 (兵庫県淡路市) 足利尊氏ゆかりの寺 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる