浄永寺 (和歌山県和歌山市) 板碑

和歌山市直川集落に、一際目立つビャクシンの木が浄永寺である。
境内に安置されている板碑は、織田信長と石山本願寺との戦い・
石山合戦(1570~80年)に、本願寺に味方した雑賀衆の下部組織の
一員として参画した直川門徒が、来世での極楽浄土を願って建てた
逆修板碑である。
本願寺門徒の信仰の篤さを物語る記念碑である。

浄永寺の開創は室町時代後期と思われるが詳細は不詳である。

<和歌山県のお寺一覧>参照
 
(1)寺名:浄永寺(じょうえいじ) (2)住所:和歌山県和歌山市直川977
(3)山号:遍照山 (4)宗派:浄土真宗本願寺派
(5)開創:不詳 (6)本尊:阿弥陀如来
(7)その他
1)板碑:市指定史跡 戦国時代

画像
                        全景

画像
                        山門

画像
                      ビャクシン

画像
                        本堂

画像
                        板碑