お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 称名寺 (滋賀県豊郷町) 那須城跡

<<   作成日時 : 2018/03/01 09:25   >>

トラックバック 0 / コメント 0

豊郷町の<豊郷小学校旧校舎群>は、1937年近江商人・古川鉄次郎氏
の寄贈により、ヴォーリズ氏の設計によって建てられ、白亜の教育殿堂などと
呼ばれ、当時東洋一の小学校として注目を集めた。
その校舎群の南隣に建つのが称名寺である。
称名寺は、源平合戦で活躍した那須与一の次男・石畑宗信が自ら築城
した那須城跡に、1258年開創したと伝えられている。
また、隣地に建つ八幡神社も宗信が建立している。

豊郷町は小さな町ではあるが、豊郷小学校旧校舎群を中心として、
この一帯は観光スポットとなっている。

<滋賀県のお寺一覧>参照

(1)寺名:称名寺(しょうみょうじ) (2)住所:滋賀県豊郷町石畑473
(3)山号:弘誓山 (4)宗派:浄土真宗本願寺派
(5)開基:石畑宗信 (6)開創:1258年 (7)本尊:阿弥陀如来
(8)その他
参考 豊郷小学校旧校舎群:国登録文化財

画像
                    豊郷小学校旧校舎群

画像
                       称名寺

画像
                        本堂

画像
                       八幡神社

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

称名寺 (滋賀県豊郷町) 那須城跡 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる