お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 持宝院 (岡山県笠岡市) ヤマモモ

<<   作成日時 : 2018/01/13 09:36   >>

トラックバック 0 / コメント 0

笠岡市走出の丘陵上に建つ持宝院は、829年開創された延福寺の法灯を
継ぎ、眼の病にご利益があると信仰を集める古刹である。
延福寺は829年開創されたと伝え、その後大いに栄えたが、1351年
兵火に罹り焼失している。
1417年に再興されたが、江戸時代初期に廃絶になるが、1672年
現在の井原市から持宝院が移され延福寺の法灯を引き継いでいる。
それ以来、走出薬師と呼ばれている。

本坊に樹勢を誇るヤマモモは、樹高11m推定樹齢300年以上の
岡山県でも3指に入るヤマモモである。
延福寺ゆかりの寺宝など多くの文化財を有し、笠岡市の隠れた名刹
といえるだろう。

<岡山県のお寺一覧>参照

(1)寺名:持宝院(じほういん) (2)住所:岡山県笠岡市走出1304
(3)山号:浄瑠璃山 (4)宗派:高野山真言宗
(5)開基:壹演 (6)開創:829年 (7)中興:1672年 (8)本尊:薬師如来
(9)その他
1)梵鐘:県指定文化財 1251年
2)両界曼荼羅図:県指定文化財 鎌倉時代
  聖観音菩薩図:市指定文化財 南北朝時代
  弘法大師図:市指定文化財 室町時代
  高野山四社明神図:市指定文化財 室町時代 
  十二天像図:市指定文化財 室町時代
3)ヤマモモ:市指定天然記念物 推定樹齢300年以上

画像
                       走出集落

画像
                        参道

画像
                        境内

画像
                        本堂

画像
                       大師堂

画像
                        鐘楼

画像
                        梵鐘

画像
                       ヤマモモ

画像
                       ヤマモモ

画像
                        本坊

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

持宝院 (岡山県笠岡市) ヤマモモ お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる