林広院 (岐阜県郡上市美並町)

郡上市美並町は、長良川が南北に流れる山あいの町である。
円空仏の円空が1632年誕生したといわれる地が美並町でも
ある。(円空の生誕地・年については諸説あるが、美並説は
有力な説といわれている)
美並には、<円空のふるさと>として円空ふるさと館があり、
円空仏を90数体展示している。
その中には、林広院の円空仏も含まれている。

林広院は、富山の梅庭禅師が1441年開山したのが始まりと
伝えられ、1571年林広院として再興されている。
言い伝えによると、山内一豊の妻・千代が3歳まで育てられた
お寺ともいわれている。
お寺は高台の石垣の上に建ち、美並の集落を見ている。

<岐阜県のお寺一覧>参照

(1)寺名:林広院(りんこういん) (2)住所:岐阜県郡上市美並町白山808-1
(3)山号:陽沢山 (4)宗派:曹洞宗
(5)開山:梅庭洞察 (6)開創:1441年 (7)本尊:釈迦牟尼

画像
                       境内から

画像
                        全景

画像
                        山門

画像
                        本堂

画像