お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 法證寺 (滋賀県米原市) 黒田官兵衛の先祖の菩提寺

<<   作成日時 : 2017/01/29 09:31   >>

トラックバック 0 / コメント 0

豊臣秀吉の軍師・黒田官兵衛の曾祖父・高政より前の先祖については
諸説がある。
通説としては、鎌倉時代後期に京極氏信の孫・宗満が現在の長浜市
木之本町黒田に住み、黒田氏を名乗ったのが始まりといわれている。
諸説の一つが、この宗満が現在の米原市黒田郷に住したのが始まり
ともいわれている。
この説では、黒田宗満の菩提寺が法證寺である。
いずれにしても、黒田氏は滋賀県湖北を発祥としているのだろう。

法證寺は、もとは天正山中腹にあった天台宗のお寺であったが、
天正年間(1573〜92年)現在地に浄土真宗のお寺として再興された
といわれている。

<滋賀県湖北のお寺一覧>参照

(1)寺名:法證寺(ほうしょうじ) (2)住所:滋賀県米原市本郷254
(3)山号:天正山 (4)宗派:真宗仏光寺派
(5)開創:不詳 (6)中興:1573〜92年 (7)本尊:阿弥陀如来

画像
                        全景

画像
                        本堂

画像
                        周辺

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

法證寺 (滋賀県米原市) 黒田官兵衛の先祖の菩提寺 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる