専称寺 (滋賀県近江八幡市)

近江八幡市の北部はかって内湖(大中湖、小中湖、津田内湖など)があったが、
干拓により現在は西の湖を残し農地となっている。
専称寺の位置する地もかっては島であり、島の入江にあった。
この島には長命寺や奥津島神社があり、古い歴史を有する地であった。
現在は陸地となり、琵琶湖湖岸道路がかっての島麓を通っている。
専称寺は奥津島神社の近くに建つ。

<滋賀県湖東のお寺一覧>参照

(1)寺名:専称寺(せんしょうじ) (2)住所:滋賀県近江八幡市北津田町468
(3)山号:親縁山 (4)宗派:浄土宗
(5)開創:不詳 (6)中興:1653年 (7)本尊:阿弥陀如来
(8)その他
1)阿弥陀如来立像:重要文化財 藤原時代

画像
                        遠景

画像
                        本堂