久成寺 (大阪市中央区)

近松門左衛門は、1703年曽根崎の露天神(お初天神)で天満屋の遊女・はつ
と平野屋の手代・徳兵衛が心中した事実を題材に<曽根崎心中>を書いている。
人形浄瑠璃や歌舞伎の演目として大いに人気を博したといわれている。
その<おはつ(初)>の墓が久成寺にある。

久成寺の開創は不詳である。
大相撲春場所では高砂部屋の宿舎になっている。

<大阪市のお寺一覧>参照

(1)寺名:久成寺(くじょうじ) (2)住所:大阪市中央区中寺2-1-41
(3)宗派:法華宗 (4)開創:不詳 (5)本尊:曼荼羅

画像
                        山門

画像


画像
                        本堂