養徳院 (京都市北区) 大徳寺の塔頭

室町幕府第2代将軍・足利義詮の四男で3代将軍・義満の同母弟である
足利満詮は、陰ながら兄の義満を支え人望があったといわれている。
その満詮が亡き夫人・善室の菩提を弔うために、応永年間(1394~1427年)
祇園近くに開創したと伝えられる妙雲院が養徳院の始まりといわれている。
明応年間(1492~1501年)に現在の大徳寺境内に移っている。
養徳院は通常非公開のひっそりとした塔頭である。

<京都市北区、上京区のお寺一覧>参照

(1)寺名:養徳院(ようとくいん) (2)住所:京都市北区紫野大徳寺町85
(4)宗派:臨済宗大徳寺派
(5)開基:足利満詮 (6)開創:1394~1427年 (7)本尊:釈迦牟尼
(8)その他
1)足利満詮像(画):重要文化財 室町時代
  中達磨魔左右臨済徳山像(画)3幅:重要文化財 室町時代

画像
                        表門

画像
                        境内