洞泉寺 (奈良県大和郡山市)

洞泉寺は、1313年霞渓の地(豊田市保見町)に法相宗のお寺として
開創されたと伝えられ、1468年浄土宗になって後、夏焼の地(豊田市小坂本町)
に移転している。
1581年宝誉和尚が分寺して大和郡山の長安寺村に洞泉寺を建立している。
1585年大和郡山城主・豊臣秀長の意向により現在地に移転している。
(豊田市小坂町にも洞泉寺は存在している)

江戸時代、洞泉寺の門前町に遊廓ができ大いに賑わったとか。
現在もその名残の建物が残っている。
地蔵堂に祀られる<閼伽かき地蔵>と湯槽石は奈良時代の光明皇后
ゆかりの地蔵尊と伝承されている。

<奈良県のお寺一覧>参照

(1)寺名:洞泉寺(とうせんじ) (2)住所:奈良県大和郡山市洞泉寺町15
(3)山号:霞渓山 (4)宗派:浄土宗
(5)開山:宝誉 (6)開創:1581年 (7)本尊:阿弥陀如来
(8)その他
1)阿弥陀三尊像:重要文化財 鎌倉時代 伝快慶作

画像
                        遠景

画像
                        入口

画像
                        山門

画像
                        本堂

画像
                       地蔵堂

画像
                     閼伽かけ地蔵尊

画像
                     源九郎稲荷神社