もくもく探索日誌 2015年10月12日 西尾張

東名阪道・弥富ICを7時半に出る。
弥富町から蟹江町~津島市~大治町~あま市~清須市~北名古屋市と
名古屋市の西側を、即ち西尾張を巡る。
平地の市街地探索だけに、自然との触れ合いは期待できない。
ただし、清州城など織田信長ゆかりの寺もあり、歴史を想い出しながらの
探索となる。

画像
                       清州城

画像


画像


弥富町から始まる。
推定樹齢600年といわれるクスの木が目立つ<薬師寺>、
弥富観音と呼ばれる<大慈院>、特異な飾り瓦の<弥勒寺>
と廻る。

画像
                       薬師寺

画像
                       弥勒寺

画像
                       弥勒寺

蟹江町へ。
蟹江大師と呼ばれ、弘法大師信仰の篤い<地蔵寺>では、何故か
狸のやきものが目につく。
蟹江の名刹<龍照院>では、秀吉植樹と伝承されるイチョウ。

画像
                       地蔵寺

画像
                    龍照院のイチョウ

津島市へ。
廃寺となったのか<徳成寺>がみつからない。もくもく探索では諦めない
のが信条だが、どうしても見つからない。
大治町に入り、尾張では珍しいキリシタン灯籠<明眼院>にお目にかかる。
あま市へ。
<広斉寺>、<実成寺>と伽藍を楽しむ。

画像
                       明眼院

画像
                  明眼院のキリシタン灯篭

画像
                       広斉寺

画像
                       実成寺

清須市へ。
<清涼寺>を経て、織田信長を弔って建てられた<総見院>を巡り、
信長ゆかりの清州城を遠望する。

画像
                       清涼寺

画像
                       総見院

北名古屋市に入る。
イチョウの大木、イブキの古木、珍しい亀甲竹群と保存状態がよい<松林寺>
で貴重な自然と出会う。
秀吉の重臣・浅野長政の生誕地<霊松寺>、黒松の<長岳院>、
<全昌寺>、<仁昌寺>を経て、円空仏など多数の文化財を持つ<平田寺>
を終えて帰路に着く。
平坦な地形を巡り、自然を味わうことは少なかったが、お寺の活動差を
認識できた。これからのお寺の在り方とわ。
万歩計7千歩。

画像
                       松林寺

画像
                     松林寺の亀甲竹

画像
                     長岳院の黒松

画像
                     全昌寺の幼稚園

画像
                       平田寺