梅龍寺 (岐阜県関市) 関の孫六菩提寺

名刀孫六で知られる<関の孫六>は、刀鍛冶孫六2代目・孫六兼元(1523~
38年作刀)の名刀が武田信玄、豊臣秀吉、青木一重などの武将が持ち、
名刀の誉を受け、以降孫六累代が現在まで続いている。
梅龍寺には、孫六兼元など孫六一族の墓があり菩提寺となっている。

梅龍寺は1450年に開創されたと伝えられる禅寺の名刹であり、創建開山
春江和尚の流派は全国に及んだといわれる。
整備の行き届いた佇まいは背後の梅竜寺山と調和をとっている。

<岐阜県のお寺一覧>参照

(1)寺名:梅龍寺(ばいりゅうじ) (2)住所:岐阜県関市梅竜寺山2
(3)山号:大雲山 (4)宗派:臨済宗妙心寺派
(5)創建開山:春江和尚(宝覚真常禅師) (6)開創:1450年
(7)本尊:文殊菩薩
(8)その他
1)虚堂和尚像(画):市指定文化財 江戸時代

画像
                        全景

画像
                        山門

画像
                        境内

画像
                    本堂(左)と選仏場

画像
                        庫裡

画像
                       孫六墓所