正住院 (愛知県常滑市)

徳川家康は<本能寺の変>後の混乱から逃れるために、堺から伊賀越えで
三河に帰っているが、その途中に正住院裏手の海岸に船で辿り着いたとも
いわれている。そこから正住院の親寺・常楽寺に向ったとも。
現在の正住院裏手は埋め立てられ常滑港から100mほど離れている。

正住院は、文明年間(1469~87年)に常楽寺(半田市)を隠退した空観
によって開創されたと伝えられている。
寺宝として、幕末の画家・高久隆古の襖絵など南画と大和絵を融合した
画風の貴重な作品群がある。

<愛知県のお寺一覧>参照

(1)寺名:正住院(しょうじゅういん) (2)住所:愛知県常滑市保示町1-56
(3)山号:龍松山 (4)宗派:西山浄土宗
(5)開山:空観栄覚 (6)開創:1469~87年 (7)本尊:阿弥陀如来
(8)その他
1)高久隆古作品群:県指定文化財 江戸時代末期

画像
                        山門

画像
                        境内

画像
                      法然上人像

画像
                        本堂

画像
                       六角堂