誓願寺 (大阪市中央区上本町) 井原西鶴の墓所

京都・大坂の町民文化として花開いた元禄文化の代表的な文人・井原西鶴
の墓が、明治時代に無縁墓の中から発見され、井原西鶴の評価が再発見
された時期と重なり一躍、誓願寺をお参りする人も増えたといわれている。
松尾芭蕉、近松門左衛門、井原西鶴の三人は元禄文化の中核をなした。
西鶴は当初、俳諧師として活躍し数多くの句を残し、40歳以降作家として
活躍している。
1693年52歳で没している。

西鶴の句<鯛は花は見ぬ里もあり今日の月>
西鶴の代表作:好色一代男、好色五人女、日本永代蔵

誓願寺には、庶民の高等教育を行った懐徳堂の学長・中井氏の
墓所もある。

<大阪市のお寺一覧>参照

(1)寺名:誓願寺(せいがんじ) (2)住所:大阪市中央区上本町西4-1-21
(3)宗派:浄土宗
(4)開山:無宅天牛 (5)開創:1580年 (6)本尊:阿弥陀如来
(7)その他
1)井原西鶴墓:市指定史跡 府規則指定史跡

画像
                       上本町通

画像
                       山門

画像
                        本堂

画像
                     井原西鶴墓